ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

寒中お見舞い申し上げます

太陽が輝き、若草が青く、トリちゃんもぴよぴよと歌っていて、春が来たと喜んでいたのもつかの間、北風が吹き荒れる寒い日々になりました。
(このような北風の日は京都の日々を思い出します・・・)

我が家のわんこは、私がピアノの練習するのに合わせて朝でも夜中でもいつも歌ってるんですが、この冬初めて、風邪をひいたのか何なのか、喉の調子が変になりました!
これには正直、驚きました。
寒かったので喉を痛めたのかと思います。
(へえ、犬でも風邪ひくんだ!!! と言った方がいいのでしょうか・・・)


人間だと絶対安静で声を出さないように出来ますが、犬にはそんなことが分かるはずもなく。
弾いていると自動的に歌うので、そのかすれた変な声にこちらが苦しくなり、やめるように頼むのですが、ピアノを聞くと気持ちが高ぶるようで、歌わずにはいられない、という状態のようです。・・・すごいね。


どなたか犬の喉のケア ご存知でしたら、是非是非、御教示くださいませ。


皆さま、お風邪にはくれぐれもお気をつけて下さいませ。


a0214711_036649.jpg

[PR]
by miematsumura | 2012-01-31 00:36 | 動物

春の霧

この火曜日のお天気がすごく変わってたので写真を取りました。
朝起きたらいつもお天気がどうか見るんですけど、この日は暗かったので曇りかな、と
思ってカーテンを開けると、・・・・・・すごい霧!

a0214711_643691.jpg


今月初めに晴天の日の写真を貼りましたが、同じ風景がこんなに違う!
a0214711_645043.jpg


全然先が見えないので、運転する人は困るだろうなあと思いました。
a0214711_6432992.jpg

太陽がこんなにぼやけている。
a0214711_6435098.jpg


正午でもこんな感じで、とっても不思議な日でした。
日本では霧がここまで濃い日の記憶は全然ないですが、スペインでは結構霧の深い日が良くあります。
[PR]
by miematsumura | 2012-01-26 06:48 | スペインの暮らし

春の海

最近ずっと忙しかったので、晴天だったこともあり、突然思い立って海を見にちょっとドライブをしてきました。
うちから割に近いので、わんこつきでの散歩です。
わんこがはしゃいで、砂をまきちらしていました。

あっち側と
a0214711_620416.jpg


こっち側。
砂の後、突如家が立ち並ぶのが、しけの時は怖そうです。
a0214711_6212795.jpg


もう海の色が春の海の色でした。なので三島由紀夫を思い出しました。友達が貸してくれて読んだ春の海。
三島由紀夫が見た春の海はどんな色だったのでしょうか?
あれほど色彩豊かに目の前に情景が浮かぶ小説は、私は春の海が初めてです。
はっきり着物の柄や部屋や周りの様子が見えて、三島はすごいと思った。
もう15年ぐらいたって、こうしてふと浮かんでくるのが感動的です。

私はいつも海から離れたところに住んでいたので、日本の春の海の色を良く知らないですが、今日の海は穏やかで、スペインの春の海もとても素敵でした。


晴天といえど今日は冷たい風があったので、帽子を持って行きました。
今、写真を見て、大学時代に、銀河鉄道999のメ―テルと呼ばれたことを思い出しました。笑
a0214711_621158.jpg


釣りをするおじさんも。何が釣れるのだろう?
a0214711_6243052.jpg


あっという間に陽が沈んで行きました。
a0214711_6284097.jpg


帰り道の明かりに浮かぶロシオです。綺麗。
この教会はすごく有名で、お伊勢参りのように、世界中から春に皆がお参りにくる場所です。
a0214711_6265273.jpg



このあたりはいちごで有名なのですが、もう始まってます。
帰り道に見つけました。今年初です。
こちらのは大粒です。2段にイチゴが並んでいて、この箱で2キロ。
a0214711_6245952.jpg




良い気分転換となりました。
春がきてますね。
[PR]
by miematsumura | 2012-01-20 06:43 | スペインの暮らし

セレナータ・アンダルーサが出来るまで 4

さて、年末年始で途中ちょっと途切れましたが、続きに戻ります。

前のお話はここから:
セレナータ・アンダルーサが出来るまで1:http://miespain.exblog.jp/14175885/

セレナータ・アンダルーサが出来るまで2:http://miespain.exblog.jp/14189340/

セレナータ・アンダルーサが出来るまで3:http://miespain.exblog.jp/14221687/



フラメンコと出会った私は、初めて聴いたときは、こんな芸術もあるのだなという感じで、フラメンコの独特のしわがれた声は、発声方法がクラシックとも、ジャズやボサノバのそれとも全く違うので、びっくりしました。こんな声の出し方もありなのか、何と直接的なことか、という感じ。

同時に、なんだか懐かしいような気持ちもしたのです。やはりインドから来たヒタ―ノなので、日本にはインドから来た仏教もありますし、同じ故郷の匂いをフラメンコに聴いたというのでしょうか。
フラメンコにもいろいろ曲のスタイルがあるのですが、その中でもそれを聴くと年末の、ゆく年くる年、でしたっけ?紅白の後、1年の最後の時間で日本全国のお寺を訪問し、除夜の鐘が聞こえる番組がありますよね。ごーん、ごーん、と。あの番組が頭に浮かぶのです。
何しろ、遠いロシアのリムスキーコルサコフやボロディンまで、興味を持ってはるばる観察しにやってきた芸術です。独特で不思議な魅力があることは確かです。

西洋にありながら、西洋の要素だけではない不思議さ。
東洋から来たものが、西洋にあるものと融合してできた新しいものである、ということ。


セビリアに住んで、この燦燦と輝く太陽のもと、ここの人々の生活を見て、いろんなフラメンコの説明をしてもらいながら知るうちに、だんだんファリャやアルベニスが見たものが分かるようになりました。(ファリャはまさにカディス出身です。)
世の中の人は、彼らが、どのように影響されているのか知らないことも知っていました。
学生時代から、ずっと謎だと思っていたことが目の前にある。これを世の人に見せたい。
何とかこの2つの芸術の出会いを表現することは出来ないものか。


そのような考えが、頭の中に浮かぶようになりました。

もやもやとしながら、あれはどうか、これはどうかと考えていた時に、2005年にフラメンコダンサーのホアキン・グリロと共演する機会があり、それが成功して、実際に観客の感触を感じ、またそこから、あれを足して、これをやってみたら?と、しているうちに、とうとう形にする機会が来ました。
2007年の5月のことです。
ファリャ、アルベニス、グラナドスの3人の作品にしぼり、フラメンコのリズムに近い曲だけを選んで、フラメンコとの出会いを描いた作品を作りました。フラメンコとスペインのクラシック音楽の出会い。
それがセレナータ・アンダルーサです。
この名前はファリャの同名の曲からとられています。

セビリアのロぺ・デ・ベガ劇場で初演されました。
この劇場は、へレスのビジャマルタ劇場と並ぶ、フラメンコ界では最高峰の劇場で、クラシックで言うと、カーネギーホールのような感じでしょうか。フラメンコの人はここを憧れに芸を磨きます。
でも、私は初演の時は、そんなことは知らなかったので、いつも観に来ている素敵な劇場、という感覚でしたが、後で考えてみると、そのような素晴らしい劇場で上演機会をいただけて、大変に幸運でした。


終演後、一番初めに楽屋に会いに来てくれたのは、今は亡きあのマリオ・マヤでした。
彼は素晴らしいフラメンコの踊り手/振り付け師で、アマルゴというロルカの詩からインスピレーションを受けた作品がとても有名です。マリオが私の手を取って、甲にキスしてくださったのでした。
[PR]
by miematsumura | 2012-01-14 06:56 | セレナータ・アンダルーサ

侍と青い空

さて、2012年になって、はじめの1週間が過ぎました。
順調ですよー。今のところ、充実した年です。さあ、まだ11カ月と3週間あるぞー!


去年の暮れごろから、毎日毎日こんな空。
a0214711_984571.jpg


お昼間は20度を超え、春の陽気です。
今年のスペインの冬は雨が少ないです。最近の2冬は、突然の大雨で洪水になる街が良くありました。この冬は、その心配はなさそうですが、雨がないので畑が困るのではないかなと思います。それから夏になった時、乾燥しすぎで森が燃える問題など。

アンダルシア地方は夏は雨が降らないのですよ!これは結構驚きかも。
日本は梅雨があったり、夏も台風ですごい湿気ですが、こちらは、雨が夏の間降らなくって、冬の間の雨で貯水をしてしのぐのです。なので冬に雨がないと貯水池がからっぽになって困るのです。ふむ。

マドリッドからセビリアにAVE(新幹線)でやってくると、ただただ広がるオリーブ畑の乾燥している様子が目につくと思います。湿気のない、熱気にさらされた風景は独特です。
私はあれを見る度に、地の果てにやってきたと感じます。


スペインって、光と影の国、とよくいいますが、ホント、つまりは極端だということですね。真ん中がない。光か影かどっちかなのです。ここは光の量が多いので、影もより濃くなり、風景には日本と全く異なる表情があります。すると人々の性格も、もう極端なのです。(これはアンダルシアの場合。北の方はまたちょっと別。カディスなんか、おじさんは皆、志村けんさんの親戚のようでしょう?)
日本人から見ると、まあ、ほんとに陽気なのだけど、その半面、心の中に影というのか、自分だけの空間を抱えている。ロルカも、スペインだから出たのでしょう。ピカソもダリも。
闘牛も、はたから見ると、まああんな巨体の、おまけに角まである動物、自分よりも背の高い塊に向かって行くとは正気じゃなかろう、と思うようなのも、彼らにしたら全く真面目に刃向かって、その死を隣り合わせの闘いで勇敢に華麗に舞う、ということに美を感じる人種なのです。闘牛は芸術ですから。



不  思  議。


日本人は褌いっちょで潔いのでしょうかね。
私は褌はつけませんが、お相撲とりというよりも侍の気持ちでやってるんですが、
侍と闘牛士の戦いって、どうなるんでしょうね?
どっちがどうなると思いますか?


どこまでも広がる青い空を見上げながら、そんなことを考えていました。
[PR]
by miematsumura | 2012-01-08 09:56 | スペインの暮らし

モンセラット・カバリェ

今夜、スペインの華、バルセロナ生まれのソプラノ、モンセラット・カバリェの彼女のキャリアの50周年のお祝いするリサイタルが、バルセロナのリセオで今夜行われ、国営ラジオで生中継で聞くことが出来ました。

78歳ですって!信じられないお声です。
高い音域までこのお年でここまで出るって、やはり毎日の訓練の賜物でしょうか。
十年ひと昔といいますが、30年ぐらい前は歌手ってもっと早くに引退してませんでしたっけ?(気のせい?)
このお年でこんな風に歌えるなんで夢のようです。


スペインは歌が素晴らしいですね。プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスもスペインです。
(ちょっと自慢)

そう言えば、歌といえば、ソプラノのリネ・フレーミングは私の大学の先輩で、お母様も歌の先生をしてらっしゃいました。お母様のスタジオの外には、リネの新聞記事の切り抜きが所せましといっぱい貼ってあったのを思い出します。冬は毛皮のロングコートを着て校内を歩いてらしたのが忘れられません。(歌の人って、ピアノとまた人種が別ですよね。笑)


彼女の映像をユーチューブで探してきました。
今から3年ちょっと前のものですが、見かけもふくよかだからか、年齢を感じさせなく驚きですね。すごいです。
このエネルギーと言ったら!
(これを見て、高校時代を思い出しました。懐かしい。これ皆歌いますよね。笑)

[PR]
by miematsumura | 2012-01-04 06:59 | イベント

新年明けましておめでとうございます

謹んで新年のお慶びをもうしあげます。

今年一年が、皆様にとって笑顔の絶えない、素晴らしい年となりますように!

辰年ですね!力強く、しっかり行きたいと思います。
今年はとっても良い年になる気がします!



スペインの年越しは、大みそかからお正月に年を超えるのがイベントなので、その時は大騒ぎしますが、年を越えたらあっさりと普通は2日からお仕事が始まります。今年は元旦が日曜日なので、2日の月曜日もお休みになるのですけれど、会社のある人は、火曜日からあっさりと仕事です。

昨日の夕食にはカバを飲み、(スペインのシャンパンです)お酒の飲めない私は、飲んでソファーで寝ました。笑
そして目が覚めたらのは11時すぎ。スペインでは、年越しの最後の12秒に、鐘が鳴るのですが、1回の鐘がなるごとに一粒の葡萄を食べる、つまり、12粒もぐもぐ食べる、という習慣があるのです。(粒の大きな葡萄だと大変なことに!)それの準備して、無事、頂きました。これはもう国営TVで、マドリッドのソル広場からの生中継で、鐘が鳴りますよ!皆さん用意はいいですか!とかTVから呼び掛けて、スペイン国中のビッグ・イベントなんです。面白いでしょう?町では教会近くの広場に出て、鐘が鳴るのと共に皆でもぐもぐ食べて、シャンパンや爆竹ををまきちらしてお祝いします。


元旦の今日はこちらお天気は素晴らしく、一点も曇りのない真っ青!の空です。
a0214711_23431941.jpg

松村にちなんで松の木をバックに。

ホントに真っ青なのです!何も空以外にないでしょう?
a0214711_234258.jpg



それでは今年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by miematsumura | 2012-01-01 23:44 | イベント