ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

鳥の巣

只今、我が家のポーチでスズメが巣を作っています。

a0214711_0113844.jpg


毎年この時期になると、鳥との競争なのです。我が家では。
このようにランプの中に巣を作る、家の外壁にツバメが巣を作る、屋根に太陽熱システムの板があり、それと屋根瓦の間に巣を作る、2階のベランダの水を外に排する排水管、これはこちらは太い綺麗な陶器の管なのですが、その中に巣を作る・・・・・


このようにこのランプの中に巣を作りだしたので、この3日間、毎日、草を取りだして掃除するのですが、次の日起きてみると、このようにすでにかなりいっぱいになってます。
このランプの下は、わんこのお城です。犬の見張りが心強いのか謎ですが、鳥には申し訳ないですが、ちょっと困るんだな。
[PR]
by miematsumura | 2012-03-27 00:22 | 日々の出来事

スペイン国立バレエ

先日ここでもお話しした、アントニオ・ナハロ。
http://miespain.exblog.jp/14740554/

彼が引きいるスペイン国立バレエの新しい演目の初日を観てきました。
(って、かなり日が経っていますが・・・)
彼がディレクターになって初めてのショーのお披露目です。


これが予告ビデオというのか、宣伝のビデオです。




本当によかったです!

このスペインの国立バレエ団というのは、いわゆるバレエと言って思い浮かべるボリジョイ・バレエやロイヤル・バレエに代表されるような白鳥の湖をやるバレエとは違い、スペイン舞踊のバレエ団なのです。


前半と後半の2曲あり、大変に長いショーでしたが、よくあれだけのことを準備したなあ、と感心するほど、バラエティーに富み沢山のシーンがあって素晴らしい物で、スペインの色濃いショーでした。

群舞もたっくさんいるのに、皆よくそろって、あの複雑な動きをあっちにこっちにすごいです。
その準備度の高さに感心しました。
前半は“地に堕ちた天使”という題のモダンな作品だったのですが、特にあらっと気がついたのは、はいわゆる美しいスペインの男の子、が揃えられていたことでした。それははっきり、遠目にも分かりました。ダンサーって、いわゆる“見かけ”も大事ですからね。
後半はセビリア組曲で、やはりセビリアのイメージ、明るく華やかで、いわゆる皆がスペイン、と言って思い浮かべるスペインの色で、それが素敵で良かったです。
このビデオでもある闘牛のシーンは、私もとても気に入りました。
闘牛ってスペインのイメージに欠かせないもので、今までいろんなところで見てきましたが、今回のは、闘牛士と牛の対比がよかったです。
(牛が女性なんですよね。 これはアントニオの牛のイメージでしょうか・・・・笑)
[PR]
by miematsumura | 2012-03-26 09:32 | スペイン音楽

日本に参ります

スペインのピアノ曲を代表するエンリケ・グラナドス作曲、組曲ゴイェスカスを持って
日本に参ります。
下記の4か所で弾きます。


a0214711_8385863.jpg


a0214711_9134012.jpg


5月16日水曜日 19時開演 札幌 六花亭ホール

5月19日土曜日 15時より 東京 TAMA音楽フォーラム
http://tamamf.s1.bindsite.jp/index.html

5月26日土曜日 15時開演 北九州市立響ホール http://www.kicpac.org/music/performance/others/2012_matsumura.html

6月2日土曜日  14時開演 下関市立美術館
http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/bijutsu/moyooshi.html#gyaracon




皆さまにお会いできるのを、とっても楽しみにしています。
[PR]
by miematsumura | 2012-03-25 09:39 | お知らせ

思いがけぬ再会

インターネットでセビリアで開催されるコンサートのお知らせが届くのですが、その中に思いがけずお友達の名前、みどり・ザイラーを見つけ、行ってきました。
セビリアの古楽音楽祭というのがあって、そこにいらしたのでした。バロックバイオリンをやっていると覚えてたので、すぐ分かったのです。

正確にはお友達のお姉さんなのですけど、彼女の家に休暇で訪ねて行った時にお姉さんもいて1週間ぐらい私たちは同じ部屋で寝起きしていたのでした。
良く考えると15年も前のことなのですが、初め名前を見つけたときはびっくりして、興奮しました。
たまにセビリアに友人が演奏しに来ることをみつけれるのですけど、予定があったりしていけないこともあったのですが、今回は大丈夫でした。

しかし、サンタ・クララ教会が会場とあり、あそこだったな、と記憶をたどって行ってみたら、そこがサンタ・ルシア教会という違う教会だったりと、間違え、(笑えますね、自分でも)、あれ、じゃああっちか、と思ってサンタ・クララに行ってみると、補充工事中なので裏側の通りから入って下さい、と、たどり着くのにおおごとでした。


バッハのパルティータの2番と3番を聴きました。


大変な集中力で、細かいところもいろいろケアして弾いていて、いろんな対比がありとても良かったです。
この大曲を一息に弾ききる手のうちに入った演奏で、やはり性格というのは演奏に出るなあ、と改めて思いました。音楽というのは不思議なもので、演奏で全てが出ます。彼女が、音楽に向き合った良い生活を送っていることが良く分かり、こうして出会って15年。また次に会う時にはより素晴らしい演奏をされていることでしょう。
私もしっかり頑張りたいと思いました。



演奏会の後には、一緒に夕食に行っておしゃべりに花を咲かせました。


6月には日本に、東京と名古屋に行くそうです。
お近くの方は是非。


http://www.ojihall.jp/concert/lineup/2012/20120605-06.html
[PR]
by miematsumura | 2012-03-14 01:48 | 日々の出来事

アメリアおばあちゃん と 青い空

もうすぐ、あの3月11日から1年が経つのだなあ、と思っていたところに、スペインの家族のおばあちゃんが、100歳の生涯を閉じました。朝、起きてこなかったのだそうです。


もう私がスペインに来る前から、毎年クリスマスのたびに、これが私の最後のクリスマスよ、と言い続けて10年以上。
全然ボケることなく、20年以上前に夫を先に亡くした後、暖かなマラガに一人住まいでした。

それがとうとう1年半前に、週に2日自宅を訪ねてくれる市の介護の人に、一人暮らしは無理なので家族が同居するように、と言い渡され、息子夫婦が同居にやってきました。それまでは自炊だったのが、あまり家事もさせてもらえなくなり、退屈な毎日になったとこぼしていました。

去年の夏に、100歳のお誕生日を祝うパーティーを家族で集まってした時も、2時ごろから始まる昼食に、スペイン風に食べて飲んで、8時ごろになって皆酔っ払ってるのに、一番元気でしゃべりまくっていたのか100歳にになった彼女。
このお誕生日に、市の新聞やTVが彼女にインタビューに来て、一躍時の人になったのですが、”とうとう100歳になって、何を今希望しますか?”と聞かれ、”独立したい、一人暮らししたいです。”と本気で答えたおばあちゃん。


キャラがすっごく面白い人で、私は大好きでした。
私とはとても気があって、いつも行くとケーキを用意してくれてお菓子つくりの話だとかおしゃべりをしたり、私に会うたびに私の母にも遊びに来るように誘ってくれたり、100歳まで生きてくれたおかげでアメリアおばあちゃんに出会えてよかったと感謝します。


彼女のお母さんのすぐ近くに眠ることを希望し、真っ青な空と綺麗に咲き始めた梅の花のもと、静かに眠りに着きました。綺麗な澄んだ青い空でした。とってもいい日で良かったなあと、目の奥にしみるような碧さでした。
[PR]
by miematsumura | 2012-03-11 07:58 | スペインの暮らし

セマナ・サンタ 聖週間

暖かな春の日が続いています。
やはり3月と言えば、セビリアではセマナ・サンタと呼ばれる聖週間。
スペインでは、全国でこの聖週間をお祝いするのですが、セビリアのはスペインでも特に盛大で有名で、世界中から観光客もやって来て大変なにぎわいです。
勿論、学校などお休みです。今年は3月最終の週末から始まります。


これはイエス・キリストの復活を祝う1週間で、毎年木曜日から始まります。

Viernes de Dolores   痛みの金曜日  
Sabado de Pasion    受難の土曜日  
Domingo de Ramos   枝の主日曜日
Lunes Santo        聖なる月曜日
Martes Santo       聖なる火曜日
Miercoles Santo     聖なる水曜日
Jueves Santo       聖なる木曜日
Viernes Santo       聖なる金曜日
Sabado de Gloria     栄光の土曜日(キリストが復活したのです。夜中の12時に)
Domingo de la Resurreccion またはDimungo de Gloria 


と名前が付いていて、気合の入れ具合と行ったら、この1週間が終わった時には、さあ来年のまであと364日だ、とか言う人がいるぐらい、(それも沢山!)、すごい熱の入れようです。これの為に生きている人もいるのではないかと本当に思います。


カテドラル・・・世界遺産にもなっているセビリアのカテドラルですが、セビリアの教会がマリア様やキリストさんの像を載せたお神輿を担いで、それぞれの教会から出発。カテドラルにお参りをして、また自分たちの教会に戻るのです。
このお神輿は金銀絢爛、沢山のろうそく、シルクの布で張られ、いつもお花は白のグラジオラスと華やかなことこの上なく、教会ごとに、私たちのマリアさんが一番きれい!とか、本気で本気で競争します。
普段は大切に保管され、2月に入るころになると、一般にも見れるようにお披露目されます。



このお神輿はとーても重く、1-2トンとかとんでもない重さがあり、その下には、コスタレロと呼ばれる裸足の男性陣が担ぎあげるべく60人ぐらいでしょうか、(もっとかな?)持ち上げて、パソと呼ばれる行列をするのです。

重いので特別に準備して担ぐのです。


そして、これは長ーい列を作って行列をするわけですが、大人の男性は担ぎますが、小さな子供達は女性、老人はそのお神輿の前の吹奏楽団に加わったり一緒に参加するのです。これに参加するというのも、名誉なことなのです。
お神輿の下に入っているコスタレロは良く周りが見えないので、皆を指揮する人もいて、バンドの音楽に合わせてお神輿の人がステップを踏みながら進む、というすごい芸当をやってのけます。本当に、音楽に合わせて重いお神輿をあっちに傾け、こっちに踊らせ、って進むのです。これは本当に見たら、心底驚きます。




しかし、このセマナ・サンタのバンドというのが、私の耳には本当に強烈に響き、聴くことができません・・・・
というのも、私の耳には調子がはずれまくりに聞こえて、音程をなんとかきちんと合わせて欲しいと、それしか考えられなくなるからです。ものような調子外れのバンドが正統派なので、文句は言えず。。。ああ。


そして、これは7日間続くわけです。昼夜問わず。ここがすごい。
もう皆が道にいつもいて、パソと共に一緒に進み、一緒に食べて、一緒に過ごす。
3月と言えば朝夜はまだ冷え込みも厳しく、吐く息も白く、裸足でこれをするとは生半可な気持ちでは参加出来ないわけで、こういうところで信仰心を試したのでしょうね。


万が一雨が降ると、お神輿が台無しになるので、出発前に雨だと中止になります。これは大問題。どの教会が、いついつどこを通って何時に出発と決まっているので(通り道は車は入れなくなり、規制する警察官でいっぱい)、もう皆必死で自分たちの出発は大丈夫なのかと、お天気とにらめっこ。
もし中止になると、皆泣きます。本当に泣きます。うえーんと。
それぐらい、皆の気持ちがこもっているのです。
スペイン人がもう5月ぐらいでも、来年3月のセマナ・サンタの為に若者が河川敷でバンド練習、とかやってるのですから、ホントに気合が入っているイベントなのです。1年で一番重要なのがこれだと思います。



私が面白いと思ったのは、マリア様の顔が、スペインのってやっぱりスペイン人風になっていて、他の国で見るマリアさんと顔が違うんです。この辺が不思議。
日本にあるマリアさまって、別に日本人の顔にならないでしょう?
スペインって、他の土地に比べてマリア様の信仰がすごく強いです。普通皆キリストをあがめると思いますけど、ここはマリア様の方が強い感じ。


先日へレスに行った時も、このパソの通り道にずらりと見物席が用意され、準備が着々と進んでいる感じで、どこの街ももう皆気持ちが浮き立っている感じです。見物側も、新調したよそいきを着て、厳粛な気持ちで見に行くのです。良い見物席はすごくお値段も高いのです。
セビリアは特に観光客が多いですから、このセマナ・サンタの期間はホテルも倍ぐらいに値上がり町をあげての大イベント。
そしてパソが通過するときの、普段はとってもおしゃべりなスペイン人が、詰めたように見つめるこの様子といったら!パソ自体だけでなく、それらを含めて感動的です。


セマナ・サンタ終わったら3週間後にはセビリアの春祭りも始まり、その後にはロシオ、とイベントが目白押しになるのでした。
今年のセマナ・サンタは雨が降ると言われてるのですが、どうなることやら?
[PR]
by miematsumura | 2012-03-09 00:44 | スペインの暮らし

懐かしき友人 

懐かしい人に時を経て久しぶりに会う時の喜びというのは、特別のものがあります。
特に学生時代を一緒に過ごした友人というのは、本当に大切な宝です。
その中の一人と、今日、話をしました。その彼女のその昔のお話。


ある日曜日、お昼すぎに電話が鳴りました。

”みえちゃーん、後30分ほどで行くので、プリン作っておいてくれるー?”

”え?プリン?30分じゃちょっとできないなあ・・・”

”じゃあ、ちょっとだけなら待ってあげるから、作っておいて。そこに行くから。”
 (有無を言わせない感じ)

”今どこにいるの?”

”えー、00ちゃんと、お昼に00食べたところ。
デザートにみえちゃんのところに行くので、プリンお願い。”


・・・と、こんな具合に、私をお昼に誘わなかったのに、デザートを作ることを、電話注文した000ちゃん。
そして、素直に言われるがままに作る私。   (私は純粋で可愛かったなあー・・・)

言った通り彼女たちはやって来て、まだ暖かいプリンを、“いいの、いいの”、と言いながら一口。
”美味しー!!”と感激して、後ろにひっくり返りました。



000ちゃんと言えば、このエピソードが頭に浮かびます。

私には素晴らしく個性的な友人が多いです。
類は友を呼ぶ、というので、誇りに思っています。 
[PR]
by miematsumura | 2012-03-05 05:16 | 思い出