ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2012年 年の瀬に

あっという間に2012年も終わりとなりました。

いろんなことがあった2012年でしたが、年の瀬に我が家でも不思議な事がありました。

クリスマスはキリストが生まれた日で、その10日後に、東方から3人の賢者が星に導かれてやって来たわけですが、我が家の場合は、クリスマス・イブの午後、突然、我が家に3匹の賢者がやってきたのです。近所の人に導かれて・・・・


これは何か素晴らしいことが起こる前兆では・・・・!!


先日のライオンになっていたわんこが、道をうろついていた、と近所の人が連れて来てくれたのはいいのですが、らいおんはちゃんと家におり、彼ではありません。

ものすごくそっくりなわんこと、以前飼っていたジャーマン・ドゴと色模様がそっくりのジャーマン・ドゴの子犬がが2匹、合計3匹で我が家を目指してやって来てくれたのです。


この風変わりな組み合わせの偶然に、驚かないわけがありません。
3匹の賢者の写真はないのですが、我が家の2匹の写真を。
左がライオン犬。右がジャーマン・ドゴ。オスだと70キロぐらいあります。
これと同じ種類のわんこ賢者が3匹、道を歩いてきたかと想像するだけで、牧歌的な雰囲気で笑みがこぼれます。
(道でばったり出会った人は、驚いたでしょうねえ・・・・・)

a0214711_112333.jpg


何しろ出かける直前だったので、これが15分遅かったらすれ違っていたであろうし、運命を感じます。

留守に、いきなり3匹の賢者をライオンの居る我が家に滞在いただくのも心配なので、ライオンに似た子だけを我が家に、2匹のドゴの子犬は、このご近所さんのお宅に預かってもらうことにしました。


ちなみに、このご近所さんの家には、すでにジャーマン・ドゴ2匹を含む犬が4匹+ネコ1匹、子供4人、という大家族なのに、更にジャーマン・ドゴ2匹が加わり、一体どんな賑やかさなのか、想像するだけでも恐ろしい・・・・
(2匹の賢者が、他の生き物をしつけてくださるかもしれませんが・・・)


幸い、次の朝は、仲良く一緒に日向ぼっこしていました。

a0214711_028432.jpg




と言う感じで、最後の最後まであわただしい日々が続いておりますが、今年も健康で過ごせたことに感謝しています。


今年も沢山の出会いがありました。
新しくお知り合いになる方も勿論、旧知の方々に再会する機会が多くあり、私が小学校の時に弾くピアノを知っている方もいて、考えてみると、良くここまで来れたなあ、と感慨深いものがあります。
もしお隣の子に生まれて来ていたら、音楽をやっていなかったかもしれないし、私が私である不思議さに感謝です。
私の人生は、自分で言うのもなんですが、結構面白いです。
皆さま、いつもよくしてくださってどうも有り難うございます。


来年も色々なプロジェクトがあるので、忙しい年になりそうです。
一日、一日、元気に明るく、よく寝て良く食べ、進んで参ります。


それでは、皆さま、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。


2013年が、皆さまにとって、健康で平安な良い年になりますように心よりお祈り申し上げます。
どうぞ新年もよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by miematsumura | 2012-12-31 04:20 | お知らせ

ライオンがやって来た!

我が家にライオンがやって来た!

・・・ということで、珍しいライオンの写真を早速撮って、友人に送ってみました。
なにしろ、雄々しいライオンなのに、なんだか表情が可笑しいでしょう?

a0214711_7441758.jpg



先日帰宅したら、いつもの如く、わんこが嬉しそうに私にひっついてついてきましたが、ふと、襟元の毛皮が取り外しできるジャケットの毛皮がおいてあったので、それをわんこに巻いてみたんです。
ライオンみたい!!
あまりの可笑しさに笑って笑って、とうとうお腹が痛くなるぐらい笑いました。
それで写真に収め、友人に “我が家にライオンが来たよ!” と送ったのです。


すると、友人たちからの90%の返事は、 “面白い!”、“思わず噴き出した!”、“本当に笑える” だったんです。
ああ、やっぱり、わかっちゃうのかあ、と思ったんですが、その中に、

“ほ、ほんとに????”

と返事してきた彼女は、冗談なのかもしれないが、結構本気じゃないかと私にもよくわからないので、今でもどういう意味かな?と考えています。



また、ある人の返事は

“あなた、犬を3匹、飼ってるの?”でした。


3匹の犬・・・・これはどういう意味なんだろうかと、私は2日間ぐらい考えたんですが、飼っている2匹、プラス、このライオンか、と思ったのかもしれません。


ロシア人なので、私と感覚が多少違うので、彼女がこの件についてはどういう見方をしてるのか、ちょっと良くわかりません。


ライオンのたてがみって、耳の前にあるのか、後ろにあるのか、どっちだったかな?と分からなかったので、いろいろ試してみました。

a0214711_754153.jpg




耳の後ろだと “お金持ちの犬” に見えることが分かりました。



家を留守にするときは、“ライオン” にして外出しようと思います。
わんこ散歩をするときは、“お金持ちの犬” にして、優雅に御散歩をしようと思います。

あ、でも、ライオンと散歩するのも、皆がびっくりするので面白いかもしれないですね。
それから、コンサートの時に連れていくのも夢の一つです。
劇場から、ライオンを連れて出ていく、とか、面白そうじゃありません?


もし、どこかで私たちを見かけたら、お声をおかけください。危なくないです。
[PR]
by miematsumura | 2012-12-22 22:31

ミス・ユニバース

ミス・ユニバース2012が決定し、アメリカ代表のオリビア・クエルポさんと言う方が優勝された、というニュースを聞きました。
(これスペイン系のお名前ですね)
この方はチェロも上手に弾かれる、と言うコメントをTVが言った途端、私は心は、すーっと学生時代のある時に飛んで行きました。


大学時代のクラスメート、バイオリニストのスーザンが、ミス・アメリカを決める大会でめでたく3位になり、その時の大会で彼女の様子です。


大学3年ぐらいの時のことだったと思います。
まず州の大会で優勝し、晴れてフィラデルフィア州の代表になったスーザンは、今度はアメリカの全国大会に参加するんだってー。という噂を学校で聞きました。


確か、冬の寒い時期だったと記憶していますけれど、全国大会は、TV中継していて、家に帰ったらハウスメートが観てたので、私も一緒に観ました。

眩しいばかりのカラフルな照明と、観客の嬌声が溢れる舞台で、国の一大イベント!と言う雰囲気満載!
初めからものすごく盛り上がって、段々選抜されて行って進んでいくうちに、一芸を披露する、と言うのがありました。
ここでは、皆さん歌を歌ったり、踊ったり、と各人得意技を見せるのです。


ここで、スーザンは、バイオリンを持って颯爽と登場し、司会の人との短い会話の後、最後に一曲披露する前に、元気に観客に向かって言いました。

”I am from the No.1 school of music of the United States of America !!”
(私は、アメリカのナンバーワン音楽学校で勉強してるのよ!!)

ここで、観客が、うおおおー!!!と、ものすごく沸いた。



私とハウスメートは、びーっくりして顔を見合わせて、笑った。
ああ、こういうアピールの仕方もあるんだー!って、本当に驚いた!


アメリカは何でもランキングがあって、学校もそれに漏れず順番がついています。何を基準に毎年選んでいるのか知りませんが。
まあ、1番でも2番でも、たいして変わりはないと思うのですけれど、そこで、我が母校イーストマン・スクールは、音楽学校でアメリカ1番なのです。

スーザンは、それをアピール材料に使って、演奏前にそれをしっかり言うとはすごい心意気だなあ、と謙虚の国・日本から来た私は度肝を抜かれた感じでした。

優勝を狙う為には、こういう切り口は当たり前なのでしょうが、音楽の質を磨くために切磋琢磨する日々を送っていた私には、とても新鮮に映ったことは言うまでもありません。


そして、一曲披露した後、観客は沸きに沸いて、彼女はめでたく3位になったわけです。

アメリカ人ってやっぱりアピールが上手いねー、すごいねー、と、ハウスメートと話しました。



そういう懐かしいことを、思い出した午後でした。

彼女は今どうしているのかしら?



ちなみに、その後、私たちの周りで、ミス・00とつけて呼ぶのが流行りました。
(単純ですね。笑)

そこで、厚かましくも私はミス・ジャパン、と呼ばれていました。笑えます。
これは多分、背が高いからじゃないかと推測しますけれど。


そして、クラスで弾く時、“次はミス・ロシアです”、と、誰かがアナウンスして、もしあまりうまく弾けないと、先生が、今日は、ミス・ロシアはあまり調子がよくないです、とか言われるのでした。


なんだか、くだらないことばかりしてたけど、楽しくて幸せだったなあ・・・
[PR]
by miematsumura | 2012-12-21 08:39 | 思い出

皆さま ごきげんよう

皆さま、ご機嫌いかがでしょうか。
ご無沙汰しておりました。
忙しさにかまけて、ちょっとブログを放置状態になってしまってましたが、お友達から催促をいただきました。
覗いてくださっていたことに感謝してます。


もう12月も半ば。
大変暖かめの気候で、先日はお昼ご飯をポーチで頂くことが出来るほどの暖かさ。
12月とは信じられない感じです。

そんな最近の私の中での流行りと言えば、これです。

a0214711_6321526.jpg



オレンジジュース。

家からすぐ近くにオレンジの木が大量に植わっているところがあるのですが、たわわに実った実は、放置してあるのです。我が家も、もとはこの人の土地だったのですが、勝手に取って良いということになっていて、わんこ散歩に行くたびに、頂いて来ては、絞ってジュースにしています。
これがものすっごく美味しい!!
毎日20個ぐらい絞って大量に飲んでいますが、新鮮さがぴちぴちと感じられ、甘くておいしくて、本当に幸せです。これで風邪知らずです。

我が家にお越しの際には、どうぞ。ご馳走いたします。
[PR]
by miematsumura | 2012-12-17 06:39 | スペインの暮らし