ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

最近のキティーちゃん 2

我が家に来て半年余り。
キティーちゃんは、我が家の習慣になれ、すっかり我が家色に染まっています。

夜型の私は、夜中2時ぐらいまで練習してるんですが、
夜中2時に、ガラス戸をこんこん、と叩く音が・・・・・

カーテンをめくってみてみると、そこには・・・・・


そうです。キティーちゃんが、ちょこんと座って待っています。



遊んでくれ


これが、彼女が体中から発しているオーラです。


なので、私も休憩を兼ねてポーチに出て、一緒にスポンジでサッカーもどきをしたり
一通り遊びます。
夜中2時に。




昨晩、このお呼びがあり、また外に出てみました。

すると、キティーちゃんは庭に出て、何か口にくわえて持ってきました。


暗くてよく見えなかったので、犬小屋に入った彼女を
いい子だねえー、などとしゃべりながらなでていると、
犬小屋から出てきて、この口にくわえていた物をポット床にほうりだし、
私に見せてくれました。




モグラでした・・・・・・




すごいだろう。
というオーラを、キティーちゃんは発しているので、
すごいねえ、狩りもできるんだねえと褒めてあげます。


犬はおもしろいです。
[PR]
by miematsumura | 2014-01-31 00:19 | 動物

最近のキティーちゃん

皆さま、ごきげんよう。
久しぶりに犬ネタです。

キティーちゃん、初めに我が家にやって来た時は、こんなぬいぐるみのような子でした。
この時で2カ月と10日ぐらいでした。
a0214711_6481010.jpg


それが毎週1キロ増の割合で大きくなっていき、あっという間にポッキーと同じサイズに。
そして、今ではポッキーより大きな体に巨大化しました。


そうです。彼女は、マスティン・エスパニョ―ルという種類なのです。

これはスペインの国犬にもなっている種類らしく、ヤギなどの家畜を守る犬であるマスティンには、マスティン・ピレネーと、マスティン・エスパニョ―ルと2種類あるようですが、うちのキティーちゃんは後者です。
ちなみに、マスティン・チベットというのもあるらしいです。
日本では6匹ぐらい飼われているとか、希少らしい。


先日、ハビエルがこんなビデオを見つけて私に見せてくれました。
犬の学校のシリーズで、このマスティン・スパニョ―ルを特集しています。

ここで爆笑したのが、番組が始まって、お姉さんが、2匹並べた犬のうち、子犬を指して、
「この子は、生まれてたったの2カ月なんです。
何故かって?だって、この子はこれになるんですから!」
と隣の巨大犬を指し、
「この子のパパなんです。」





そこで、このパパ犬はオスですし、ものすごく大きい。
100キロですって!

私は、あまりの大きさに受けたので笑いましたが、うちのキティーちゃんは、こんなに大きくない!


そこで、キティーちゃん本人に聞いてみました。
「キティーちゃん。あなたは何の種類なの?ホントにマスティン?」

そうすると、いま9カ月ちょっとのキティーちゃんは、ぐてぐてーと床に崩れ出し、
私の手をなめたり、軽く噛んでみたり・・・・・

会話にならない・・・・・・(恥ずかしいのか何なのかな???)
[PR]
by miematsumura | 2014-01-30 06:59 | 動物

音楽現代 2月号

音楽現代 の2月号発売です。


a0214711_0392176.jpg



今月の連載は、これです。

「アルバ公爵夫人と組曲ゴヤ風のマハ」


是非、お手にとってご覧ください。
[PR]
by miematsumura | 2014-01-15 00:40 | スペイン音楽

Triana Pura

その映画は「Triana Pura」という題名でした。

トリアナは、セビリアを流れる川、グヮダルキビルの西側の地区ですが、
アルベニスの組曲イベリアにも、この地区の名前がついたtrianaがありますね。
その、純粋なトリアナ、生粋のトリアナ、という意味のドキュメンタリー映画です。

つまり、トリアナ、というのはヒタ―ノが15世紀から住んでいた地区で、
ここでフラメンコは、独特のスタイルで受け継がれて来たわけです。
1960年代はじめに、政府が、彼らをここから追い出してしまうまでは。


日本でいう長屋のように、パティオー中庭を囲むように、1-2階建の家があり
そこで沢山の家族が住み、トイレは共同。
なので、一緒の家族のように、いつも顔を合わせて暮らしていました。
そこで、貧しいながらも、楽しく、いつも歌って踊って、という生活でした。


その古き良き時代をまだ知っていた、おじちゃんおばちゃんたちを集めて
83年2月に、セビリアのロぺ・デ・ベガ劇場で、同名の「Triana Pura」というショーをします。
このショーの模様と、昔の彼らが住んでいた時代のトリアナの映像、
それから、いろんな人のコメントやエピソード等のお話がこの映画には入っていています。



本当に、今のトリアナと全然違うトリアナが、そこにはありました。
昔の貧しき良きスペイン、というかんじ。


ある日トラックがやって来て、全ての家具やお鍋など、といってもわずかな持ち物ですが、
追い出されます。

トリアナにもっと大きなビルを建てて、お金儲けする為ですね。
何しろ、昔は川を渡ると街から遠い向こう側、という感じだったのが、
開発されてきたら、すぐそこの、橋を渡っただけの便利な地区、になったので
政府はここをビルを建てて開発して、お金を儲けようと思ったわけです。
そしてヒタ―ノは、15世紀からここにいて、住居登録のような正式な紙を
持っていなかったので、さっさと追い払ったわけです。


いくつかのひどい場所に放置された後、
移動先のセビリアの南側のトレス・ミル、まさに三千という意味ですが
ここに追いやられます。
つまり、このトリアナのヒタ―ノを強制移動して住まわせるために、
3000ほど住宅を建てたので、そのままの名前。
(無茶苦茶ダイレクトなネーミングが、すごいですね・・・)

ここは、日本でいうところの団地みたいなアパートで、パティオがあったり
など、愛きょうのある場所ではないので、今まで慣れ育ったトリアナと
大きく環境が変わり、それまであったフラメンコが途絶えてしまったのでした。


トリアナにいた時のヒタ―ノは、貧しいながらも、仕事があり、
ヒタ―ノではない普通のスペイン人とも交流があり、平和に暮らしていました。

このショーの模様から見られる雰囲気が、もうまさに、日本の関西でいうところの
おっちゃん、おばちゃんという感じで、本当に愛嬌いっぱいなのです。
東京の、おじさん、おばさん、じゃない。
おいちゃん、おばちゃん、という親しみやすさです。

いつもの騒いで歌って踊っているメンバー、なので、本当に普通の人なのです。
ほとんどが。フラメンコ・アーティスト、という人が舞台に上がるのではなく。
他に仕事を持っている彼らが歌って踊るわけです。
わいわいさわいで、大いに笑って、愛嬌いっぱいなのです。これがトリアナなのです。

こういう愛嬌の感じはマドリッドやバルセロナ、他の場所にはないですね。
今でもそうですが、彼らには、こういう種類の愛嬌はない。

フラメンコ、というのは、例えばクラシックと違って、芸術それだけを指すのではなく
生き方を指すと言います。
助けあい、分かち合い、という生き方。
それそのものが、このようなトリアナでの日々だったのです。

アンダルシア、特にセビリアなどは、ヒタ―ノと、ヒタ―ノでない人が
平和に混ざって暮らしていた、かなり特別な場所でした。
やはりアンダルシアから、特にセビリア―カディスの間でフラメンコが繁栄したのは、
このような土地柄のおかげでしょう。


だから、逆に言うと、他の土地の人がフラメンコを知らないのも当然なのです。
例えば、日本でも東京の人が、大阪と京都の間の事を知らなくって当然です。
わずかな違い、京都と大阪は、同じ関西といえど言葉も微妙に違うし、ニュアンスも
他の土地の人にはわかりません。


そして、また、階級という物があるので、アンダルシアでも、
クラシックの人がフラメンコを知らないのも当然なのです。
フラメンコは、大衆芸能・大衆芸術ですけど、クラシックをやっている人は、
一般的に、経済的にいい家庭の人が多いですから
逆にスペイン人だからこそ、クラシックをするようなうちの人は、
ヒターノとかがやっているフラメンコなんか、私は関係ないわ、
という態度になるのです。

ヨーロッパは階級が何をするにもついてきますから、それは顕著です。

彼らは、踊りをするならバレエでしょうし、フラメンコの踊りには習いに行かない。
(セビリアーナというセビリアの盆踊りは習って、お祭りで踊れるようにはするでしょうが)
楽器をするならクラシックのピアノやバイオリンであって、フラメンコのギターではない。

逆にヒタ―ノや庶民というのか、その階級の人にとって、
踊りはフラメンコの踊りであってバレエではないし
楽器をするとなると、楽器自体が高価で置く場所もどこでもおけるわけではない
ピアノやバイオリンではなく、どこでも弾けるギターなのです。


自国を出て外国に勉強しに行った、ファリャやアルベニスたちが、スペインらしさ、を
思った時に、フラメンコを思った、というのは、ファリャはカディスの人だったから
近くにフラメンコがあり、親しみがあったのでしょう。
アルベニスも世界を放浪して、一般の人とは違うオープンな心を持っていたのだと思います。

普通のスペイン人だと、多くの人の頭に、まず偏見が頭にあるから、
見えるものも見えないし、どうでもいいのだと思います。

だから、偏見のない外人の私だからこそ、素直に
ファリャやアルベニスが作曲したのにインスピレーションの源になったフラメンコとは
どういう物?と自然に思って、自然にそれをみた、となるのだと思う。
だって、この映画を見ていても、明らかにコンパスに気がつくのですよ。
いわゆるルバートのあるフラメンコなんか、どこにもない。


そして、おかしなことに、こうやってヒタ―ノを追い出した政府ですが、
いまフラメンコが独自の文化だと気がついて、
庶民の側である社会労働党は、その保護に躍起になっています。
特にアンダルシア地方では、フランコ独裁政権が終了して以来
ずっと社会労働党が政権を握っている土地です。
一応、彼らは、庶民の側、つまりフラメンコをする人側の政党なので、
フラメンコを保護しているということになっている。


私は、あっちの党が言うことはとにかく反対とか
こっちの政権が言うことは、何でも100%賛成、とかはないのですが
保守党の人に、何故クラシックをやっているキミがフラメンコなんかと一緒にするのか
そんなことはしなくてもよい、と言われたこともあるし、この階級意識はすごいなあと思います。
ちょっと日本にいると分からない感覚だと思います。

階級の高い人でも、例えば、アルバ公爵夫人は、ものすごくユニークな人柄で、
そういう階級のことをそれほど気にしない人もいて
フラメンコを習いに行っていたり、家のパーティーにアーティストを呼んだりしていました。
そう言えば、もうすぐ出る今度の音楽現代の連載は、アルバ公爵夫人について語っています。


日本人にとって、ヒタ―ノというと、パリで物乞いをしているジタンを思い浮かべたり
するのかもしれません。つまり、怖い。

でも、アンダルシアにいるヒタ―ノって、もっと自然に社会に混ざり、生活しているので
これもここに来ないとわからない感覚かもしれません。
当たり前ですが、すごくいい人もいっぱいいる。

フラメンコは口頭伝承なので、途絶えてしまうと、もうどうにもならないのですよね。
段々フラメンコがお洒落になって行って、マドリッドやバルセロナをはじめ
スペイン各地でもやる人が増えているかもしれませんが、別物になっているので
これからのフラメンコがどうなるのか、さあ・・・という気がします。


新年早々、いろんなことを見て、考えさせられた映画でした。
こういうものを見る機会があるのはすごく特別だと思うので
招待してくれたリカルドに感謝しています。
[PR]
by miematsumura | 2014-01-11 06:47 | スペイン音楽

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

早くもかなりの日がすぎておりますが、素晴らしい2014年がスタートしている
ところです。

年越しは、風邪気味だった為に、家の中で過ごし、TVを前に葡萄を。

マドリッドのソル広場での、年越しカウントダウンのあのお姉さんは、
この寒空の中、毎年、彼女が美しいのは素晴らしいのですが、肩丸出しの、
ものすごく寒そうな衣裳でいらっしゃるのですが、今年は長袖であられました。

人ごとながら、ちょっとホッとしました・・・・・
いくら仕事とはいえ、寒すぎだと、毎年心配していましたので・・・・
(スペインには、ほっかいろはないよね?)



さて、新年始まってすぐのイベントと言えば、私は、先日ここでお話しした
リカルド・パチョンというフラメンコのプロデューサーに、彼が作ったドキュメンタリ―映画を
観るのに招待していただき、行って参りました。
すでにかなり日が経ってしまいましたが、そのお話しを。
これが予想以上に良かったのです。

マリオ・マヤというフラメンコの今は亡き有名なダンサーがいるのですが、彼のお宅でした。

新年始まって早々に、こういうのを見せていただく機会があるとは、何とも不思議な気がしたのです。
しかし、あまりに不思議な気持ちだった為に、どうまとめていいか、唸ると言うか
考えさせられたのも事実なのです。
自分が、今ここにいるその偶然に、なんだか今までのことと繋がっているなあ、と思いました。
そして、今までのやっていることがないと、これを見ても、感じることが違うんだろうな、と。

ということで、前置きが長いようですが、そのお話しを次でしたいと思います。



今年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by miematsumura | 2014-01-09 22:26 | スペインの暮らし