ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


スケートあれこれ

この週末はスケートの試合がモスクワでやってたので、ちょうどここでも見れました。
日本は男女両方優勝ですごいですね!おめでとうございます。

地元なのでロシア人が沢山出ていて、ロシアは女子のソトニコワ選手をとても推していたようでしたが、彼女って見かけが、”いかにもスポーツ選手” という感じで、筋肉質ですね。
ジャンプの質も人によって違うのが不思議ですね。これは筋肉の質の差なのかしら?
真央ちゃんはふわっと空気を感じさせて飛びますが、彼女はくるくるっ!と飛んでしっかり降りる、という重さを感じさせるというか、あまり空気は感じさせないのです。面白い違いです。
ピアノでも弾く人によって音そのものの質が違うものですが、それがスケートの場合だと滑りそのものだとかジャンプに見えるのでしょうね。


そして、一通り見ていて興味深いのは、やはり曲の選択。
何しろ短い限られた時間、たったの3、4分に恰好良く聞こえるように切らないといけないのが、腕の見せどころ、そして悩みどころなんだと想像します。

この点で思い出すのは、ミッシェル・クワン選手です。
97年にの全米選手権で、曲はラフマニノフ3番のピアノ・コンチェルト。
家に帰ったらたまたまフラットメートがTVをつけて応援してたので、一緒に観ました。

しかしね、この曲40分超える大曲なのです。
それを何をどうやって4分ぐらいにまとめるのであろうか?というのが、私たちの一番の興味でありました。笑

で、赤い衣装を着て出てきたクワン選手。綺麗で素敵でした。が、・・・なんだかね、私たちにはジャンプの種類とか良くわかりませんけれど、スケート自体は良かったんですが、何しろ曲を切りすぎで元の模様が何かも分からないぐらい切ってしまってあって、唖然としている間に終わってしまった、という記憶が・・・・
クワン選手はめでたく優勝したのだけど、曲の処理が議論になっていたことが懐かしい。
(フラットメートと私の間だけの話ですけど)


ところで、真央ちゃんのフリーの愛の夢の曲の切り方は、なかなか良いなあと思いました。
やはり音楽家としては、自然な切り方、繋げ方が気になるもので、同じ曲をソトニコワ選手も使っていましたが、最後盛り上がって終わりかと思ったら、また繰り返してステップに入って行って、ああまだ終わりじゃないのかあ、と気持ちの高揚の使い方がちょっと違和感がある気もします。しかし、演技自体は小柄な体で頑張ってました。将来が楽しみですね。


そして、2人が同じ曲を使ったので、余計に気がついたのは、やはり真央ちゃん初めに1音目が始まった瞬間からやはり曲に入っていて、曲をものにしている感じだったこと。
ちょうどカメラで顔の表情がどアップになったのですが、自然な笑みがいっぱいで良かったですよー。スペインの放送でも褒めていました。


羽生君も可愛いですね。
ああいう雰囲気を持った子はなかなかいないですよね。華がある。
王子様のようなきらきら衣裳も似合ってました。
彼は腕の上げ下げひとつにも、こうやりたいという意思を感じさせてくれて、そこがすごいと思います。去年初めて見たときからそう思いました。振付なので腕をあげて足あげて、というのでなくて、こうやりたいというものが見える。

スペインもハビエル・フェルナンデス君が上位に今年は上がって来ていて、TVでも盛んに紹介してます。彼、なんというか今いち2枚目になりきれてない感じのキャラのように見受けますので、ドン・キホーテとか似合うかもね。
去年もボケたプログラムでしたよね。酔っ払いの真似の海賊、あれは上手かった。


スケートって、遠い土地まで出かけて行って時差もある中、くるくるジャンプやスピン、ターンがいっぱいのステップこなすって、すごいスポーツですよね。そして、尻もちついてしまった時の痛そうなこと!
日本勢、優秀な選手がいっぱいで楽しみですね。また楽しませていただきたいと思います。
[PR]
by miematsumura | 2011-11-29 06:45 | 日々の出来事
<< 皆さま ごきげんよう 受難と悟り そしてビデオ >>