ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


侍と青い空

さて、2012年になって、はじめの1週間が過ぎました。
順調ですよー。今のところ、充実した年です。さあ、まだ11カ月と3週間あるぞー!


去年の暮れごろから、毎日毎日こんな空。
a0214711_984571.jpg


お昼間は20度を超え、春の陽気です。
今年のスペインの冬は雨が少ないです。最近の2冬は、突然の大雨で洪水になる街が良くありました。この冬は、その心配はなさそうですが、雨がないので畑が困るのではないかなと思います。それから夏になった時、乾燥しすぎで森が燃える問題など。

アンダルシア地方は夏は雨が降らないのですよ!これは結構驚きかも。
日本は梅雨があったり、夏も台風ですごい湿気ですが、こちらは、雨が夏の間降らなくって、冬の間の雨で貯水をしてしのぐのです。なので冬に雨がないと貯水池がからっぽになって困るのです。ふむ。

マドリッドからセビリアにAVE(新幹線)でやってくると、ただただ広がるオリーブ畑の乾燥している様子が目につくと思います。湿気のない、熱気にさらされた風景は独特です。
私はあれを見る度に、地の果てにやってきたと感じます。


スペインって、光と影の国、とよくいいますが、ホント、つまりは極端だということですね。真ん中がない。光か影かどっちかなのです。ここは光の量が多いので、影もより濃くなり、風景には日本と全く異なる表情があります。すると人々の性格も、もう極端なのです。(これはアンダルシアの場合。北の方はまたちょっと別。カディスなんか、おじさんは皆、志村けんさんの親戚のようでしょう?)
日本人から見ると、まあ、ほんとに陽気なのだけど、その半面、心の中に影というのか、自分だけの空間を抱えている。ロルカも、スペインだから出たのでしょう。ピカソもダリも。
闘牛も、はたから見ると、まああんな巨体の、おまけに角まである動物、自分よりも背の高い塊に向かって行くとは正気じゃなかろう、と思うようなのも、彼らにしたら全く真面目に刃向かって、その死を隣り合わせの闘いで勇敢に華麗に舞う、ということに美を感じる人種なのです。闘牛は芸術ですから。



不  思  議。


日本人は褌いっちょで潔いのでしょうかね。
私は褌はつけませんが、お相撲とりというよりも侍の気持ちでやってるんですが、
侍と闘牛士の戦いって、どうなるんでしょうね?
どっちがどうなると思いますか?


どこまでも広がる青い空を見上げながら、そんなことを考えていました。
[PR]
by miematsumura | 2012-01-08 09:56 | スペインの暮らし
<< セレナータ・アンダルーサが出来... モンセラット・カバリェ >>