ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


セレナータ・アンダルーサの続き

セレナータ・アンダルーサが出来るまで 4 http://miespain.exblog.jp/14406941/

でお話しした、お寺の除夜の鐘を思い起こさせるのフラメンコの曲っては、どんなの?と友人がメールで聞いてきたので、載せます。


これは、マルティネテ、または、トナ(にアクセント) というスタイルの曲なのですが、後ろでメタルの物をたたく音もして(ジュンケといいます)、余計にこれを聞くとお坊さんがお経を唱えている感じなのです。どうでしょう?

マルティネテとトナは、近くてメロディーのコンセプトと歌詞が違うだけで区別するので、大変似ています。
この2曲は、フラメンコの種類の中でも一番古いものになります。
このビデオのように、窓枠の鉄格子とか、馬のひずめにうちつける蹄鉄を作っている人たちが歌ってたものです。



これに踊りをつけるとこんな感じ。
アントニオ・ガデスというダンサーのです。




マリオ・マヤのマルティネテも。モダンな振付です。
マリオは、フラメンコに演劇のコンセプトをもたらした最初の人です。

マリオの後ろで2人が手拍子をたたいていますが、パルマといいます。このような拍子をたたく係も人もいて、フラメンコには不可欠なのですが、独特の音の出し方があります。これがホントにすっごいんです。このリズムの鋭さ、というのか、エネルギーの込め方!(このビデオのは、割とマイルドですがね)
このリズムの揺れなさ、ご覧ください。ここに、アルベニスやファリャの弾き方のコツがあります。
そして、これが私がずっと謎に思っていたポイントです。




フラメンコって、リズム、拍子が恐ろしくストレートです。
そこには基本的にルバートのようなものがなく、まっすぐなのです。
これが何より一番大事だと思います。
[PR]
by miematsumura | 2012-02-02 07:57 | セレナータ・アンダルーサ
<< 今年一番の寒さのようです! 寒中お見舞い申し上げます >>