ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ロシア人と私

スペインに帰ってきたら、こんなものが届いておりました。
a0214711_19241035.jpg



4月に弾いたコンサートで聴いていた子供が、後で描いて届けてくれたのだそうです。
何故か衣裳が全然違って、私はここでパンツをはいているのですが、(それに気がついたときは私も可笑しくって笑いました。)しかし、ハートマークまでついています。
すっごく可愛いので私も嬉しくなって、ピアノの上に飾ってます。


日本で本を買ってきた中で、今読んでいるのが、“リヒテルと私”という本です。
リヒテルの通訳として長年彼の近くにいた河島みどりさんと言う方が書いた本で、リヒテルの人柄を垣間見ることが出来てとても興味深く、また、エピソードが奇想天外で面白いです。

ロシア人って独特の感性や習慣があって、日本人から見ると、ええっ??と仰天するようなことが良くあります。私もロシア人の先生、アントノヴァに長い間習っていたので、ああそうだなロシア人は、と納得するようなことがあって、懐かしさも一緒に読んでいます。
そういえば、彼女が子供の時に、ある夏、リヒテルがバカンスを過ごす所に居合わせて、彼の練習ぶりを観察してそっと覗き聴きした、という話を思い出しました。

一番初めて私がアントノヴァに出会った時、何かの手違いでその前の週に会うことが出来なかったため、とうとう会えることになっていたのですが、部屋のソファに座って緊張して待っていた私に、突然、風のように颯爽と部屋に入って来た彼女は、さっと私のすぐ横に座って、
“あなたが未英ね。待っていたのよ。”と大変親しげに、そして私に会えて嬉しそうに長い腕を肩に回して歓迎してくださいました。初対面ですし、向かいのソファにでも座って静かにお話しするかと思っていた私は、すごくその彼女の包容力にびっくりした事を今でも覚えています。
彼女がいなかったら今の私はあり得なく、本当に感謝しています。

いろんな可笑しな話を懐かしく思い出して彼女の話をしていたら、なんと、なんと、アントノヴァからメールが来ました!すーっごくびっくり!!
以心伝心というものでしょうか。
ロシア人は超能力があるのです。


超能力と言えば、パリでのこと。
道を歩いていて、ふと脇のレストランの中を通りすがら目をやると、彼女が旦那さんと一緒に道側を向いて座っていて、道行く人を見ていた彼女と眼が合って、あら、こんなところで出会うとは、ということもありました。
奇遇です。
ロシア人と日本人は気が合うと思います。
[PR]
by miematsumura | 2012-06-21 22:44 | 芸術について
<< 7月 またもや >>