ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


パブロ・カザルスと井上先生

実家にあった本を1冊もってきて、最近読んでいたのがこの本。
井上頼豊先生がお書きになった、パブロ・カザルスの本です。

a0214711_7201086.jpg


東京から桐朋のこどものための音楽教室に教えに来てくださっていた井上先生。
教室のニューイヤーコンサートで子供達が弾くのを、熱心に耳を傾けていらして、私がシューベルトの即興曲を弾いた後、コメントをいただいたのを覚えています。
ある夏には、先生自身のお話をされた夜もありました。

その先生がお書きになったスペインを代表する音楽家、カザルス。
カザルスの人生と、本の最後の方に出てきた井上先生がカザルスのマスタークラスを受講される時のお話しから垣間見れる音楽・人生への態度など、大変興味深い1冊です。
よくお調べになったなあと感心するようなエピソードも沢山で、カタルニアの独立、という私の知識はこの本から来たのですが、今スペインのことが多少分かるようになって読み返してみると、より理解できるようになった所も多く、スペインと言う国も複雑さも目の当たりにした気持ちです。
カザルスのマスタークラスのところを読んでいると、私自身がアルゲリッチのマスタークラスを受けた時の、嬉しく楽しく、聴き逃すまいとどきどきであった時のことを思いだしたりしました。

教室に通っていた子供の時は、この自分がカザルスの住むスペインに住むことになろうとは想像もしなかっただけに、もし先生がまだ生きてらしたら、スペインについてなど、お話しをしてみたかったなと何とも不思議な気持ちです。
[PR]
by miematsumura | 2012-07-06 08:27 | 芸術について
<< 今年もサン・フェルミン 7月 >>