ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


サハラ砂漠から来る夏

一度46度になったものすごい暑さだった南スペイン。
4日ほど続いたそれの後は、しばらく涼しい晴天が続いていたのですが、またしても、サハラ砂漠の熱気が到来。
また46度ぐらいになってもう3日過ぎましたが、ああ、これは本当に強烈です。
この太陽の直射日光を浴びた瞬間、熱せられたオーブンに入れられたジャガイモや海老の気持ちがよくわかるというものです。
だから、夏になると皆、用事は朝の早いうちに済ませることを心がけているのがここの人です。

が、そうもいかない場合は・・・・ただ耐えるのです。

というのは冗談で、本当に生死にかかわると思うので、(だって体温が37弱で、お風呂だって42度ぐらいなのですから!)さっさとあきらめる、または次の日に回して、家にいるのが一番です。

今日の夕方は、サハラの砂が空に舞っているのか、晴天だけれど、重苦しい曇った状態と言うのか、何とも形容しがたい不思議な雰囲気でした。


私が初めていたスペインの夏、2003年のことですが、57度になったことがあります。
今の暑さ+11度もあると思うと、ちょっと想像できません。
でも初めてだったので、こんなものなのか、と素直に受け入れていた記憶があります。

この夏は全ヨーロッパが記録的猛暑で、パリでは3000人ものお年寄りが亡くなったということを覚えています。
が、スペインは暑さのしのぎ方を知っているため、特に亡くなった方が増えたということは聞きませんでした。
何しろ、南スペインには、一戸建てには絶対プールがあり、マンションでもそのマンションの住民専用の共同プールがあり、ざぶんと体を水に浸して体温を下げる、と言うのが、常識になっているぐらいなのですから。

日本の湿気の夏と、スペインの熱気の夏、どちらがより過ごしやすいでしょうか?
皆さんも、一度お試しくださいませ。
[PR]
by miematsumura | 2012-07-21 07:43 | スペインの暮らし
<< 西日本新聞 毎日新聞 >>