ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


懐かしき友人

10年ぶりぐらいに大学時代の友人Kちゃんからメールが来ました。

ずっとメールを書いても返って来てしまうので連絡がつかなかったのですが、3日ほど前、ふと、彼女はどうしているかなあ、と思って、一緒にやった面白い話とかを人に話していたんです。
そうしたら、共通の大学時代の現在東京にいる友人が、今夜Kちゃんと一緒にご飯を食べるよ、とメールが来たので、もうびっくり!だってKちゃんはアメリカに住んでいるのに!
このタイミングは驚きです。
おかげで10年ぶりぐらいにメールを交換できたのでした。


私はとても良い大学時代を過ごせたので、思い返すとすごくいい思い出がいっぱいあります。
私は自分の経験から、やっぱり大学と言うのは、寮とかに入って学生ばっかりの中で過ごすのが、自分というものを確立するのに最適かと思うのですが、それが出来てすっごく良かったと思います。

初めは寮の食事に悩んだのですが、・・・・と言うか、悩んだまま、あまりの不味さに解決にはならず、早くアパートに住みたいと願いに願って出たのですが、食事以外はとても楽しかったです。
やはり、日本だと通学時間と言う無駄な時間が沢山あるのはもったいないので、学校から徒歩3分のところに住んで勉強できたのは良かった!
良く思い起こしてみると、例えばピアノ科の生徒は、私の時は、大学に入った時に22人ぐらいいたのに、4年後卒業する時には12人になっていたりして、約半分に減ったのかと思うと驚きますが、結構競争が激しいので、あわない人はさっさと次の人生の為に、他の学校に移って行ったりします。
そこで生き残った子たちと卒業なので、かなり友情は深くなるのかもと思います。
夏にも日本で10年ぶりぐらいに他の友人と会いましたが、パッと昔のようにおしゃべりできて楽しかった。


今回連絡が出来たkちゃんも、学校のすぐ横のアパートに住んでいたので、よくご飯を食べさせてもらいに行ってました。
練習で疲れて死にそうになった時に、ご飯を食べさせてもらいに彼女の家に行くと、なんだか沢山作って待っててくれてるのです。病気になった時も、オレンジジュースを持ってうちに来てくれたり。母のような人でした。笑
サフランライスとチキンのクリームソースとか、覚えています。(メニューまで出しちゃったですよ。笑)
すっごく小柄な彼女と、すっごく背が高い私が一緒に歩くと、私の横で彼女が小走りになっているのが面白かったな。

学生時代の面白い話は沢山あるのですけど、またいつか。
また連絡が取れるようになって、とっても嬉しいです。
いつかまた会ってみたいな。
[PR]
by miematsumura | 2012-09-29 23:26 | 思い出
<< 首筋の夫 アントニオ・レイ >>