ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ある午後の出会い -2-

<前回からの続きです>


そうすると、2人っきりになった途端、“ここで生まれたの?”、“いつからここにいるの?”と私に質問攻め。
そして、私に中国名を教えてくれました。周りのスペイン人からは、彼女は中国語は書くことができない、と聞いてたのですが、紙に自分の名前を漢字で書いてくれました。

ああ、周りの人には、あまり言いたくないのだなあ、と察したんですけど、とてもややこしい日本語では使わないような難しい漢字を、幼いアマンダはちゃんと書けたのです。
”日本語も、初めに苗字で、その後名前が来る順番だけど、中国もそうなんでしょう?すると、これがあなたの名前?”
と聞くと、
“さあ??それは、分からない”、と首をかしげ、どれが苗字でどれが名前なのか、分かってないようでした。

”私の松の字の木の部分と、あなたのこの字の木の部分が一緒だね。”
と指さして言うと、ちょっとにっこりしました。



ちょうどその時、その机の下に、写真の沢山入った日本の本が置いてあるのに気がついて、本を手にとってパラパラっとめくると、ちょうど、鎌倉の大仏様の写真がありました。それを彼女は目ざとく見つけて指を差し、私に聞きました。

“あ、この人は、天国にいるのでしょう?どうしてここにいるの?”

彼女の養母はカトリックなので、彼女がやって来てすぐに町の教会で彼女に洗礼を受けさせた為、一応、アマンダもキリスト教徒、と言うことになるわけです。

しかし、アマンダは、こうして大仏様のことも知っているわけで、
”マリア様も天国にいるけど像があるみたいに、大仏様も同じなのよ。”
って答えたら、納得していたように見えましたが、彼女の宗教観はこれから一体どういうことになっていくのでしょう。
よその国にもらわれて行くと、本当に全てがひっくり返ってしまうのですよね。


そして、さ、お養母さんのところに行こうか、と立ち上がって、帰ろうとした彼女は、サロンの棚に飾ってある私が振り袖を着て撮った写真を見つけ、それに、じーっ、とはりついて見入っていました。


10年ぐらい前は考えられなかったのですが、この3-4年ぐらいほど前から、中国人経営のいわゆる100円ショップ、のような店がスペイン全土で爆発的に増えました。
もう今では、どーんなに田舎の町に行っても絶対に一軒はある。と言うぐらい、移民してきた中国人の経営する“何でも屋さん”。それは、電球から洋服、梯子から鍋、ペンキからクリスマスツリーまで売ってるような店。
そして、週7日開いているような激安ショップのお店が増えたのです。


でも、こういう店を経営する中国の家族の子供と、スペインのちゃんとした家庭にもらわれたアマンダのような子供は、普通は交流を許されず、家を行き来するような友人にはなりません。というより、なれません。
それはスペイン家族が許さないからです。(例外もあるかもしれませんが)
と言うことは、アマンダは、スペイン人ばかりの中に放り込まれ、独特の疎外感を感じていると想像します。
でも、アマンダは、中国には絶対戻りたくないと、養母に何度も言っているそうで、特に来たばかりのころは、よく夜中に寝ていて、時々うなされて叫んだりしたのだそうです。


“またいつでもうちに訪ねて来ていいよ”、とアマンダの頭をなでて言うのが、私ができるせめてもの協力でした。



子は親を選べず、親も子を選べず。
あって当然と思うものは、案外そうでもない場合も多く、案外お金が沢山ある人に限って幸せをあまり感じていなかったり、家族も素晴らしいのに幸せを感じていなかったり。
どこに基準を置くかによって、不幸と幸福のバランスと言うのは、結構簡単に変わると思います。
そして、その基準で、我が子を捨てると言うのは、究極だと思います。
幸福とは何か、豊かさとは何か、と考えます。


世の中は広いけど狭く、狭いけど広いです。
[PR]
by miematsumura | 2013-02-20 08:31 | スペインの暮らし
<< 当たり前の日々に感謝して ある午後の出会い >>