ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


スペインと言えば・・・カルメン??

今夜は、スケートの世界選手権のダンスをTVでやっているのを、偶然に観ることが出来ました。

たまたま見えた時がスペインのペアで、曲はブルース。

・・・うーむ、折角のこのペアのクオリティーを、この選曲は生かしてないのではないだろうか?
女の子はチャーミングで素敵なのに、いまいちこの曲があってないような・・・・

と、素人なのに、好き勝手な意見を言っていたら、演技が終わり採点を待つキス アンド クライに移動。
そこでの会話が聞こえて来て、おお!なんと、セビリア人ではありませんか!

こんな暑いところからも、(なにせ、夏は50度超えですから!)スケートなんぞやっている人が、それも世界選手権に参加するレベルでいるなんて!!!と驚きました。
(もしかしたら、他の街でトレーニングしているかもですが)


その後、用事でTVを観るのを中断。次に戻ってくると、今度は、カナダのペアが、演技を始めました。
 
曲はカルメン!!


なぬ!カナダなのに、スペインのカルメンを!!!
セビリア人でも使ってないのに、セビリア人しっかりしろ―! 
(*もしかしたら以前使っていたのかもですけどね。笑)


このカナダ人のカルメンがすごく良かった。曲の編集もとっても自然で良かった。
演技もとってもとっても良かった。 私はTVに向かって拍手しました。おめでとう!!

衣裳が2人とも真っ黒だったので、女の子はもうちょっと色がついた衣裳でも、もっと素敵だったかもねー、と(またしても勝手に)意見していると、次のイタリアのペアが出てきました。


衣裳は赤。それも、なんだかこれは・・・・・


・・・・と思っていると、またしても、曲がカルメン!



ああ!イタリア人までスペインのカルメン!
スペイン人しっかりしろ―!ブルースなんてやっている場合じゃないー!


・・・いや、もしかしたら、スペインペア、カルメンは、すでに去年やったのかもしれない。

スペインとくれば、カルメンだが、もしすでにやっていたとしたら、他になんだろう??

・・・・・それ以外には、ドン・キホーテ?
男の子がキホーテで、女の子が、サンチョパンサ??
・・・いやいや、逆?   いやだめだ、・・・ドン・キホーテはお笑いになってしまう。
壁に激突する振付があったりして、危なすぎる。


・・・じゃあ、スペインぽいものは、他になんだろう?
・・・らばと私?  ラバ役は誰?  いやいや、それも、お笑いになってしまう・・・・・


と思いながら、(もしかしたら口走っていたかもしれません) 演技を拝見させていただきました。


このように、あまり冷静な心で観ることが出来てなかった為に、あまりイタリア人ペアの演技は、今振り返ってみると記憶にありません・・・・赤いドレスだけ・・・・


やはり、選曲と言うのは大事ですね。
(ええ、私のような観客を黙らせるためにも・・・・)



と言うわけで、今日は、カルメンの舞台となったセビリアの旧市街の写真をご覧ください。


この道で、2人が何かしたんです。何だったかな???
逃げたのかな?
a0214711_9154629.jpg


ちなみに、上記の道のすぐ角が、空室で貸家の看板が出ておりました。
カルメンの情緒に浸りたい方には、お勧めです。
a0214711_9404726.jpg


ここを通ってカルメンが逃げたという道。
ここは本当に映画に出ていたのを見ました。
a0214711_9193824.jpg



そしてその先を行くと、すぐにかの有名なカテドラルが。
この左手はアラブのお城、アルカサールです。今度、私ここで弾きます。
a0214711_9211588.jpg


お馬が引く馬車も出ています。
a0214711_9214523.jpg



では、皆様、良い週末をお過ごしください。
[PR]
by miematsumura | 2013-03-17 09:43 | スペイン音楽
<< 音楽現代5月号 最近の近況 >>