ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


音楽と鳥と花


今度弾くファリャの指揮者とあわせでした。
この曲は面白い。

ファリャは亡くなる時に、自分の死後は、自分の作品を演奏するなと言い残したのですが、この心理って作曲家として、一体どういうものなのか、私にはちょっと理解できません・・・
不思議だ・・・
この曲がないとしたら、すごい損失だと思います。


さて、最近は、かなり温度も上がって来て、さあ、夏が来るぞと言う意気込みを感じます。(地球のです)


ピアノを弾いていると目の先に見えるポーチの電灯は、今は春、鳥との闘いの場となっています。
この季節、毎日草を取っても、また鳥がやって来て置いていき、の繰り返し。
今年は、ツバメも来ていて、・・・ああ、野鳥園になるのは避けたい・・・・

a0214711_614744.jpg


以前、ご紹介した胡蝶蘭は、今爆発的に咲き誇っています。
机に並べてみましたが、あまりの”咲き乱れぶり”に茎が重そう!
4本も茎が出ている株もあります。

a0214711_6153838.jpg


たまに、来客に、何故こんなに上手く咲かせることが出来るのかと聞かれるのですが、
これはピアノを弾く部屋に置いてあるので、音楽って人間、動物だけじゃなく植物にも良いのではないかと、結構本気で思っています。
[PR]
by miematsumura | 2013-05-11 07:10 | スペインの暮らし
<< スペインの昼の庭 子供コンサート >>