ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


アラハンブラ宮殿について思うこと

音楽現代の9月号では、グラナダのアラハンブラ宮殿をテーマに書きました。


何故かと言うと、これはスペインを象徴する建物だと思うからです。

私がこの場所についてつくずく思うのは、今日スペイン1のスポットが、実は外人が讃えるまで放置だったと言うことです。
あれだけ放置の場所が、交通の便の良いマドリッドやバルセロナを抑えて、今でもまだグラナダは新幹線も繋がっていない不便な街なのに、スペイン1位になっていると言うことです。
これは、ものすごいことじゃないでしょうか?

もし、アービングが本にしなかったら、ずっともっと放置だったことでしょう。


この家畜小屋にまでなっていた場所。

想像してみると、あのモザイクやタイルがいっぱいの部屋にヤギやラバを押し込んでいたのか・・・と思うのですが、スペインと言うだけでなく世界中に、このかつての家畜小屋ほど沢山の音楽家に曲を作らせた場所はないのではないでしょうか?
実物だけではく、絵葉書でさえ、ドビュッシーに、ファリャにインスピレーションを与え曲を作らせた。
突っ込みどころ満載です。

しかし、それは、例えば、日本人である私がいつもあって当たり前のお寿司が、実は日本文化を象徴する独自のすごいものだった、と外国に来て初めて気がついた、と言うのと似ているのではないかと思うのです。


一見、ただのご飯の塊にお魚の切り身を載せただけに見える、一風変わった食べ物。

しかし、実は、御飯にはいろいろ味付けがされていて、魚の状態もすごく凝っている。
しかし、それを見せびらかさない。これは日本そのものなのです。


アラハンブラも、イスラムの文化がちりばめられ特異なのに、しかし、“いつも目の前にあった”ために、地元民には当たり前に思い、その特異性に気がつかなかった。


そういう不思議な現象に、自分を当てはめて、日本と言う国を考えたりします。

”当たり前”というのは、どこまで、誰に取って当たり前なのか、というのは、わからないですよね。


アラハンブラ宮殿は、私にとってそういう象徴の場所なのです。
[PR]
by miematsumura | 2013-08-17 09:11 | スペイン音楽
<< アラハンブラ宮殿の写真集 音楽現代9月号 >>