ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ゴイェスカス( 8 )

オペラ・ゴイェスカス

最近、こちらの方がご無沙汰になっていました。
もう3月も終わりですが、風が冷たく感じます。
マドリッドに行くのですが、最低温度1度・・・
寒すぎそうで、怖いです。


さて、オペラ・ゴイェスカス、というものがあります。
スペインでもあまり上演されないようで、以前、マドリッドのサルスエラ劇場のディレクターと
お話しした時に、オペラ・ゴイェスカスについて尋ねてみたところ、
ああ、10年前にうちでも上演しましたよ、とのこと。
昔過ぎ!という突っ込みを、心の中で入れた私です。


偶然、これのユーチューブを見つけたので、貼りますね。
これはコンサート形式になったライブなのですが、これで、音楽はわかるので
ピアノ組曲だったゴイェスカスを、グラナドスが、どのようにオペラにしたのかが聞けて
面白いです。

ここで、藁人形のコンセプトも見えることと思います。

" target="_blank">
[PR]
by miematsumura | 2014-03-26 00:36 | ゴイェスカス

西日本新聞

前に書いてたと思うのですが、その時は忙しくて載せてなかったですが、今ちょうど手に入ったのでUPします。
西日本新聞の大矢さんという記者の方が、私の長いややこしい話を上手くまとめて載せてくれたことに感謝です。良く調べてインタビューに来てくださって、本当に感心しました。

a0214711_2341379.jpg




マヌエル・デ・ファリャが、グラナドスの死後すぐにこの曲について音楽雑誌に寄稿していて、それを読むと、本当にファリャもこのゴイェスカスについて、感嘆していたことが、ありありと読み取れます。

彼と交遊のあったファリャは、ゴイェスカスの楽譜を手にして、自分で読み弾いていきます。パリで、グラナドス自身が弾いてくれた時の感動を思い起こしながら。
そして、この作品のリズムや旋律の抑揚やニュアンス、アクセントを繰り返し再現し、いかに、この曲がいかにグラナドスの内面を目に見えるはっきりとした形で再現したような音楽であるか、ということに感心し、強調しています。


私もこの曲を読み始めたとき、同じことを感じたのを良く覚えています。そして弾きこんでいけばいくほど、はっきりとより細部まで光景が見えるようになり、いろんな曲を弾いてきましたが、ここまで絵が一緒に浮かぶ曲は初めてだったので、驚き、楽しみ、興奮しました。こんな曲があったとは!

もし、グラナドスがあんなに早く亡くならずにいたら、一体どんな曲を更に作ったのか、と想像します。
[PR]
by miematsumura | 2012-08-06 00:10 | ゴイェスカス

毎日新聞

7月11日水曜日の毎日新聞の夕刊(全国版)に、載せていただきました。

a0214711_1133785.jpg


梅津氏が、私がスペインの音楽をどう捉え、スペインに来ることになったいきさつや、来てからの活動の様子などのお話しを聴いて下さったのですが、上手にまとめてくださって本当に感謝です。

(セレナータ・アンダルーサが出来るまで http://miespain.exblog.jp/14175885/というところをお読みくださったら、スペインの音楽についての私の感想などが書いてあります。)


この曲の本当の姿ー愛と死の物語であるということーに気がついて、その本来の姿を発表するために形にしたいと思い、このゴイェスカスの録音は2009年10月に行われました。

途中で、協力をお願いしようと思っていた方が亡くなったりと、不況で企画が駄目になったりと、今回の出版までに行きつくのは簡単ではありませんでした。
とうとうこうしてCDに出来たことを、本当に本当に嬉しく思います。
そして、いろんな雑誌や新聞で取り上げていただき、いい評価をいただけたことは、グラナドスへの賞賛と、ゴイェスカスと言う偉大な作品への賞賛だと受け取っています。

このCDに協力してくださった方々全てに、もう一度、心からお礼を申し上げたいと思います。
有難うございました。
[PR]
by miematsumura | 2012-07-12 01:27 | ゴイェスカス

日経新聞のディスクレビューに選んでいただきました

6月8日金曜日の日経新聞の夕刊のディスクレビューに載せていただきました。
他の2枚がすごいアーティストのCDですし、本当に感激です。

a0214711_2253776.jpg

[PR]
by miematsumura | 2012-06-08 22:04 | ゴイェスカス

響ホールで

皆様、こんにちは。
今日は大変に暑い日で、湿気もあり、夏の到来を感じる日でした。
日本を北から南まで渡ってきましたが、いわゆる晴天の日でも青空が控えめの青さなので、スペイン・アンダルシアの青い空を見なれた私には、いまいち、というか、かなり青さが足りず、ここのは曇っているように見え、だんだんスペインが懐かしくなってきました。
こんなに違うものなのですね。しみじみ驚きました。


先週土曜日は、響きホールでリサイタルでした。
このホールは、九州で初めてできたクラシック専用ホールで、できてもう20年ぐらいになりますが、名前の通り響きが素晴らしく、ピアノを弾いて音の跳ね返ってくる響きを楽しみながら弾けるという、夢のようなホールです。ここでは4年ぶりの演奏でした。
舞台が広々として、弾きやすかったです。
スタッフの方々も大変に良くしてくださいました。
また、北九州市長の北橋市長が聴きにきてくださいました。
市長はクラシック音楽がお好きで、特にシューマンがお好きとか。シューマンが好きな方はこのゴイェスカスも好きだと思います。内面の表現の仕方に似たものがありますから。


ここでも、本当に遠くから聴きにきてくださった方々がいて、終演後、ロビーでサイン会をしたのですが、皆さんとてもよくしてくださり、本当に感激でした。ここでも、なんと小学校に入る前からのお知り合いの方も奈良や京都、それから何と遠い岐阜からも来てくだったり、でも、こんなに時が経った今も、お顔が一緒なのですよ!!だから、すぐわかるのです。
本当に不思議!
綺麗なお花や、素敵なプレゼントを沢山いただき、聴きに来ていただいただけでも嬉しいのに、本当に感謝です。時間が経つのって、なかなかとかんじることもあるけれど、でも本当はあっという間で、ときどきこうして成長を確認し合えるというのは、人生って不思議ですね。
私は、子供の時からいろんな場所に住んできたので、それぞれの場所でのお知り合いがいて、そうすると、あちこちでまた再会でき、それもなかなか素敵なことだなあと思いました。
どうも有り難うございます。


頂いたお花の中に芍薬ーしゃくやくーがあって、これはバラみたいで、ほんと素敵!
つぼみだとまんまるいのに、開くと花びらがたくさんで華やかで、芍薬を見たのは15年ぶりぐらいの気がします。日本の花がバラやユリに交じっても普通になじむのって、すごい気がするのですが、いかがでしょう?
[PR]
by miematsumura | 2012-05-28 23:53 | ゴイェスカス

毎日新聞と音にあふれる日本

5月23日の夕刊の毎日新聞全国版の4ページ目、”私の3枚”という欄で
私のゴイェスカスのCDを、礒山雅氏がセレクトの3枚のうちの1枚に選んでくださいました。

”画家ゴヤの恋を描く、ロマンと民族色にあふれるピアノ曲集。
その意外に大きな世界を、松村が骨太にとらえて秀逸だ”   
とコメントもいただいています。

一緒に選ばれているルネ・フレミングは、大学の先輩に当たるのですが、”ニューヨーク、メトロポリタン劇場の華”、と呼ばれるほどの大スターです。こんな素晴らしいアーティストと一緒に名前を並べていただけるとは、本当に光栄です。

a0214711_22301850.jpg


それから、レコード芸術6月号の準特選に選んでいただきました。



ところで、今回日本に帰ってきて、その近未来の漫画のような世界ぶりに、驚いています。
この数年で、日本がものすごく変わった印象があります。
どうでもよい音があふれているというか・・・・お風呂が沸いた、携帯のメッセージが来てちゃりーんと音がするとか、冷蔵庫がどうとか、どうでもいいことをいちいち機械が言うわけです。
お店に入ると何処へ行っても、音楽が流れていますし。
私はもっと静かなほうがいいのですが・・・
この至れり尽くせりぶり、日本以外の国ではありえないですね。
外人が来たら、おお!やはり、どらえもんの国だと、感心すると思います。

・・・と、漠然と日本を感じている日々です。
[PR]
by miematsumura | 2012-05-23 23:46 | ゴイェスカス

ゴヤのわら人形

先日載せた≪ぶらあぼ≫の5月号は、リンクが上手く開かないということで、載せなおしました。失礼いたしました。
こちらです。
新譜:この人いちおし というコーナーで
170ページに丸々1ページ使って載せていただいてますので、是非ご覧ください。


http://www.mde.co.jp/ebravo/book/201205/#page=160

・・・と、今気が付きましたが、その2ページ後にも、CDのことが載っております。



さて、先週弾いたコンサートで、小学生の子供がこんな絵を描いてくれました。
嬉しい驚きでした。

a0214711_0301786.jpg


わら人形の絵です。MIEの I のところに、ピンクでハートマークまで付いています。


今回発売するCDの第1曲目に入れていて、どこに置くのか、とポイントになっているわら人形は、このゴヤの作品です。
これがもとになって、わら人形が作曲されました。
この宙に浮いているのがわら人形です。ただの藁のままじゃなく、洋服を着せるのです。

a0214711_631775.jpg


通常は、このわら人形が組曲の後に置かれるのですが、楽しく、笑いと躍動感にあふれるこの遊びが、愛する人が死んでしまった直後に出てくるというのは、違和感がある、と思いました。泣いているのか、笑っているのか、分からないからです。
それは、多分、組曲自体が何であるか理解してないからこそ、そんなことをしているのでは? と気がついたわけです。
私も、一番初め、組曲から2曲だけ取り上げて演奏していた時には、全部で7曲あるうちの2曲ですから、一部過ぎて、全貌が見えず、そのようなことはわかりませんでした。
しかし、2曲が大変素敵な曲だったので、他のはどんな曲かな?と読んでみたら、5曲ぐらい読んだ時に、あれ?これは・・・ と気がついたわけです。


そこから、全てが始まりました。

読めば読むほど、練習して深く見ていけばいくほど、その確信は、より確かなものとなりました。
なんだか、ダヴィンチ・コード、ならぬ、ゴイェスカ・コード、という感じです。

こんな素敵な曲に、こうやって出会えたことは、とても不思議な気持ちでいっぱいです。


でも、例えば、今日ではスペイン一の観光スポットとなっているグラナダのアラハンブラ宮殿は、家畜小屋として放置されていたのです。それが、作家ワシントン・アービングが”アラハンブラ物語”というのを書いた為に世に知られることとなった。それが、いまでは、バルセロナのサクラダファミリアやら、マドリッドのプラド美術館よりも、訪問者が多い大人気スポットです。

また、今でこそ、音楽の父、と言われるバッハも、彼の死後、数十年後に、メンデルスゾーンが取り上げるまでは、すっかり世から忘れ去られていたのです。

だから、案外、ええ、そんなことが?!というようなことも、実際はあるのかな、と思った次第です。
そして、このゴイェスカスが、そのよい例だと思います。


他にも、その根拠となることをブックレットに載せていますので、是非読んで見てください。
この曲を作ったからこそ、グラナドスは、大作曲家になったのです。
楽譜を読んでいると、推理小説を読んでいるような気持ちになること、うけあいです。すごく面白いです。


というわけで、よろしくお願いいたします。
[PR]
by miematsumura | 2012-04-23 07:21 | ゴイェスカス

音楽雑誌ぶらあぼの5月号

ぶらあぼの5月号で紹介していただきました。


http://www.mde.co.jp/ebravo/book/201205/#page=160
170ページ目に私のインタビューが出ています。


CDについているブックレットの解説を、今回、私は自分で書いたので、そこで曲についての詳細を見ていただけたら嬉しいです。
ゴイェスカスがどのような曲なのか、何故このような解釈になるのか、そこに載せています。
[PR]
by miematsumura | 2012-04-18 03:40 | ゴイェスカス