ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:東日本震災支援コンサート( 3 )

続続 東日本震災支援コンサート

コルドバのコンサートは、金曜日だったのですが、芸術監督のハビエル・ラトッレが何と、
水曜日に自宅の階段から落ちて骨折。
松葉つえをついての参加となりました。


このあたりになってくると、アクシデント続きなので、腹が据わった、というか
ここまで来るのに、2ヶ月半ずっとやってきて、その中でも色々難局が何度かあったので、慣れたというのか、
(勿論、足の骨折、特にダンサーにとっては、大変に気の毒には思うのです)
多少のことには驚かなくなった気がします。
逆に、このようにいろいろ起こった方が、雑念が消えてするべきことだけに集中できる気がしました。

義援金を外国から日本に送ることも大事なのです。
これだけ震災から日が経っても、今まだ体育館に寝起きしてらっしゃる方もいるわけですから。

ただ、それだけでなく、同時に、フラメンコというスペインの他の芸術ー闘牛も文学、バレエ、そして音楽ーに大きな影響を与えた芸術、これからの日本への支援にこだわった。
何故なら、フラメンコは日本があったからこそ、ここまで発展したと私は考えるからです。

フラメンコの発生はマドリッドでもバルセロナでもなくアンダルシアであり、
アルベニスやファリャが見たり聴いたりしたフラメンコはアンダルシアのものであり、
そのことの重要性を認識してここから活動している音楽家としての、この公演を実現することは私の義務であると思うからです。
世界で日本にだけフラメンコを通しての友好の賞を授与し、それならば、日本が震災で苦しんでいる時も、友人として手を差し伸べるべきである。
クラシック音楽が明治時代ごろから日本に入ってきて以来、どんどん発展して今日では世界で活躍する日本人音楽家が沢山います。私もその中で子供のころから勉強してきたおかげで、こうやっていろんな発見をすることができるのだと思います。
フラメンコはまだそれに比べて新しいけれど、小松原庸子さんをはじめとする方々がこの約40年ぐらい、フラメンコを日本で広める活動をされたからこそ、今日の日本のフラメンコがある。
偶然にも、フラメンコに全く縁のなかった私がフラメンコを知るのも、小松原さんが興されたイベントがもとですし、その私が、スペイン人も含めてクラシックの音楽家で初めてフラメンコとスペイン音楽の出会いの作品を創ったこと、沢山のフラメンコのアーティストとも親交があることに運命を感じます。
今回の日本の震災の件は、これからの未来にむかう中で、大きな節目になると思いました。
そこで多少の問題があるといっても、目標を曲げてはいけないと思います。

a0214711_7374567.jpg



当日は、素晴らしいお天気にも恵まれ、骨折した彼の仕事をカバーするべく、朝からコルドバ入り。
毎回、この街に来るたびに、京都を思い出します。
コルドバは盆地で、車で行くと、何もない原っぱから、突然丘を抜けると街が見えてきて、毎回、あっと驚く感じ。
特に今の季節ひまわり畑がいっぱいで、見渡す限り黄色だったり、気持ちよかったです。
旧市街が塀に囲まれていて、小じんまりした雰囲気でそろそろ観光シーズンです。
春のお祭りも先週あったところ。
有名なパティオのコンクールもあります。盆地なので夏はすーっごく暑いです。


アクサルキア劇場はとても綺麗で、解放感がたまりません。

a0214711_7432215.jpg
ラ・モネタの練習風景です。
こういうコンサートって、ピアノのリサイタルとは違って沢山人がいるので、
なんだかピクニックにいっているような気持ちがしました。


コンサート開演は日暮れ時の夜10時から。
ハビエル・ラトッレのスピーチで始まり、
スペイン駐在日本大使と文化参事官もいらして下さり、大使もスピーチくださいました。
主催者ということで、初めに私が出ました。
演奏の前に皆さんにこの日お越しくださったお礼を申し上げ、
グラナドスのゴエスカスから、los requiebrosを演奏したのですが、今回、特にこれを選んだ理由をお話して演奏しました。

後日、新聞の批評に”un prodigio de sensibilidad y buen gusto”(a miracle of sensibility and good taste/繊細さの奇跡とセンスの良さ)と出たので良かったと思います。


何と14組も、踊りやギター、歌、ピアノ、コルドバのギターオーケストラも参加して下さりました。
皆さんに、参加くださって有難うございます、とお礼を申し上げたのですが、皆さん、これぐらい何でもないのよ。声をかけてくれて有難う。とすごく優しくって、いい方ばかりでした。
ギター・オーケストラの指揮者のイエロ氏は、今回初めてお会いしたのですけど
一見、気難しく見えるのだけど、実際お話ししてみると優しくすごく面白い方で
9年もギタリストのビンセンテ・アミーゴを共に日本と行ったり来たりしていたそうです。
指揮棒が手から飛んでいったぐらい演奏ものりのりで、お客さんも大盛り上がりでした。

司会は国営ラジオのコルドバ局のホセ・アントニオ・ルゴさん。
とても気さくな方で、奥様と共に音楽に造詣が深く、スペインの音楽についていろいろお話しました。

フラメンコのピアニストのペドロ・リカルド・ミーニョが、こうして出演くださって嬉しかったです。久しぶりに彼の演奏を聴いたのですが、前よりもさらに上手くなっていて、彼はクラシックも勉強したので、私と話が通じるところがあり楽しいのです。


こうして何と4時間もコンサートは続き、皆拍手喝さいで大盛り上がりでした。
最後はフラメンコポップのグループが出てきた時は、皆、手拍子になって、立ち上がって踊りだしたりで
最前列に座ってらした日本大使や州政府の方や小松原さんたちの前にいって踊ってる人もいたので、大使はびっくりされたのではないでしょうか。
これで,更にスペイン通になられたことうけあいです。
最後は出演者皆が舞台に上がって、観客も皆立って拍手してくださって、すごく一体感のある良いコンサートだったと思います。
お客さんはスペイン人ばっかりだったので、日本の方にも見ていただけたら良かったなと思います。
こうして、沢山の方々に協力していただいて無事終えることができたので、協力くださった皆様に本当に感謝です。
[PR]
by miematsumura | 2011-06-09 08:15 | 東日本震災支援コンサート

続 東日本震災支援コンサート


アンダルシア州政府の援助をとうとう取りつけてからは、
フラメンコ機関のスタッフの方が沢山助けてくださいましたが
そこに行くまでがすっごく大変で、そこにたどり着いた後でも、
政府の参加が早くはなかったので、
大きなコンサートなので準備が間に合わないかもしれないから、
スタッフから、数回、延期しようかとか言う声も聞かれました。
(スタッフの方はすーっごく働いてくださって、
はっきり言って、スペインという国は、こういう人がいるから動いているのだと、再確認。
スペインにも、少なくとも10-20%ぐらいは こういう人がいるのです。)


しかし、延期をそこでしたらもう絶対しないであろうし、
今までの苦労も水の泡になるであろうし
そうすると、日本に対するスペインの政府の公式支援事業が
何もなくなってしまうと思いました。
これは支援であることも勿論ですが、日本のメンツの問題でもあると思います。

やっぱり私がしおれると話が進まないので、
ここまで一緒にやってくれて有難う、とにかく進んで頑張ろう!
あと少しだ、と焚きつけてきました。
そうしたら、わかった、と妙に素直に納得してくれて、
本当に夜の10時とかでもメールがきて、返事を書くとまた返事が来たり
公務員なのでお休みのはずなのに、日曜日でもメールが来たり、すごいんです。
彼らも先祖が日本人かも。
スペインって面白い国です。
他人の国の話なのに、こんなに一生懸命やってくださる方に出会えたことを、
まず感謝したいと思いました。



が、しかし。



セビリア公演に出演してくださる事を、快く承諾してくださった
へレスのダンサー、アントニオ・エル・ピパが
公演の次の朝にメキシコに公演に旅立つチケットが、
1日間違って早く購入されていたことが発覚。



・・・おお!スペイン! (って、これはメキシコ側のミスなので、 おお!メキシコよ!)



アントニオは、私がスペインに来たばかりのころすぐに出会って舞台を見てきましたが、
独特のオーラがあります。
先日もNHKの番組で、女優の黒木メイサさんがへレスに来て、
フラメンコのレッスンを受ける、というので,教えていらした方です。
すごくいい方で、今回も何度も行っている日本の為に参加するといってくださってたのに!


そんなこんなで、やっとポスターを刷るところになって、
絵はあるので文字を載せるだけなのに,
これをデザインする人が、すっごくゆっくりだった!!
ここで、5日ぐらいロス。
そして、とうとう刷りあがったのを見たら、
どこでチケットを買えるかが載っていなかった・・・・・



おお!スペイン!



ポスターは刷り直しで、また同時に、ある銀行のチケットサービスで、
インターネットからも購入できるようにしたのですが
何故か、UPするのに時間がかかり、そこでも4-5日ぐらいロス。
そこに連休が重なり、鈍行列車のような、いえ、亀の行列にいるような錯覚が・・・・


そこに、ホールの持ち主が、値段を釣り上げはじめ、これは大問題に。
他人の国の為のチャリティーコンサートですし、スペイン大不況ですからね。



そんなこんなで、本番2日前に、セビリア公演、延期決定。




おお!スペインよ!  なんと、”退屈” という言葉が、当てはまらない国!




夕方5時半からの会議でそれが決まり、
私が6時過ぎにはラジオにライブ放送で出演するのに行かないといけない予定だったので
ラジオ放送で私が発言するよりも先に、公式連絡を出していなければいけない、ということで
急遽、皆公式の延期のお知らせを出すのに電話やメールで大騒ぎ。
アリの巣に水を落としたような感じでした。
なんだ、やろうと思えば早く動けるんだ、と内心思った私です。
私もラジオ今日に向かうタクシーの中で、突然のこの変更をどう言うか準備しました。
一番のポイントは、ただ技術的な問題での一時的な延期なだけで、
コンサートはやります、というポジティブな姿勢でなくてはいけないということだ
と思いましたので、セビリアの事は軽くふれるだけにして、コルドバの宣伝に努めました。

http://www.eldiadecordoba.es/article/ocio/988460/artistas/flamencos/participan/un/espectaculo/solidario/por/japon.html


ちょっと忙しくていっぺんに書ききれません。
まってね。
[PR]
by miematsumura | 2011-06-07 17:32 | 東日本震災支援コンサート

東日本大震災チャリティーコンサート


a0214711_21183150.jpg


2011年3月11日金曜日、地震が起こった日、私はセビリアの自宅にいました。

日本で地震があったけど、大丈夫?と、携帯に電話がかかってきた時は、
日本は地震がよくあるのでそういうのかなとよくわかってなかったのですが、
昼食に入ったBARのTVで津波の様子を見たときは、仰天しました。
だって、すっかり皆流されてるんですから!

とにかく何かしなければ、とその日から動き出し、色々電話したりメールしたり、
週が明けたら、アンダルシア州政府の文化省フラメンコ機関にコンタクトを取って
お会いし、協力を呼び掛けました。

とにかく大きなイベントなので、このコンサートのための委員会を組織して始めましたが、
沢山の方々の協力を得ることができ、本当に感謝しています。

委員長になってくださった、アンダルシア国際大学理事の
ホアン・マヌエル・スワレス・ハポンさんは、ご先祖が日本人で、
彼自身は日本にいらしたことがないのですが、彼の従弟がこのハポンという苗字に
興味を持って、系譜をお調べになった方なのです。
(詳しくは遠藤周作氏が書かれた”侍”という本で、支倉常長が伊達政宗の命を受けて
ローマ法王のもとに派遣されるお話をご覧ください。
その時にスペインに残った日本人が皆ハポンという姓を名乗ったのが始まりです)


スペインを代表する芸術のフラメンコは、日本という国なしでは発展はありえないと思っています。
そして、フラメンコはもはやフラメンコのためだけのフラメンコではありません。
他のあらゆる芸術にインスピレーションを与え、例えばファリャやアルベニスなどの
クラシックの音楽も、フラメンコがなければ、半分以上の作品も存在しなかったでしょう。
特にファリャのピアノ曲なんて、大部分がそうです。

日本にはアンダルシア政府はフラメンコを通しての友好の賞をあげてます。
このような賞をあげているのは、世界広しといえど、日本にだけ、なのです。
だから今回のこのコンサートによって、日本とスペインが更により友情を深めることが
できれば、と思いました。

日本のフラメンコのパイオニアとして小松原庸子さんと小島章司さんをご招待。
スペイン側からは、クリスティーナ・オヨスさんとマティルデ・コラルさんを主賓として
ご招待しました。

ポスターには、以前から著書をいくつか読んでいた堀越千秋さんという
マドリッド在住の画家の方に、先日たまたまお会いする機会があったので、
是非、お願いしましたら快くご承諾くださって、あっという間に絵を送ってくださいました。
すっごく早くて驚きました。本当に感謝です。

ハビエル・ラトッレという、ダンサー、また素晴らしい振付師である友人も、
彼の住居地であるコルドバで日本の為にコンサートを企画していたので、
これも一緒にアンダルシア政府の主催になるように働きかけ
2個が連続してなるように日もそろえ、もう耳から脳みそが出そうなほど
忙しく走り回ってました。

チャリティーコンサートなので、無償での出演をお願いしたわけですが、
快く承諾してくださったある有名アーティストは、18人のミュージシャンと共に出場、
後ろに巨大スクリーンを3枚と、マイクを100個セットしてほしいという要求で、
それを用意するのに日本円で250万円ぐらいかかるので
それはチャリティーの趣旨に反するので無理ですので、結局お断りすることになったり。
面白いですね。皆さんいろんなアイデアがあって。

ガラコンサートなので司会がいる、ということで、マティルデが紹介くださった
へスス・ビゴラという方は、アンダルシアのラジオで
毎日3時間ぐらい番組を持っていらっしゃる方で、
何と彼の番組、視聴率が30%超えなんですって。
そんな方がセビリアの司会を快く引き受けてくださって、本当に感謝です。

協賛も、アンダルシア州政府文化省をはじめ、コルドバ市庁舎、日本ヒスパノ観光協会、
セビリアコンベンション協会、日本の観光会社のミキトラベルさんや、
またスペイン王家御用達のロエベさんが1500ユーロもするバッグを寄贈してくださったり、
パコ・モリナというフラメンコ衣裳のお店がマントンを寄贈くださったり、
コルドバのホテル協会が無償でお部屋を提供くださったり、
驚くほど沢山の方が手助けしてくださりました。


5月17日にはセビリアで、30日にはコルドバで、メディア向けに記者会見をしました。

セビリア:




コルドバ:




・・・というわけで、長くなるので続きます。


追記: クリックしたらすぐ見れるように、ユーチューブのを設定、
     どうやってやるのかわかりません・・・・

追記2: 有難うございます。出来ました!
[PR]
by miematsumura | 2011-06-06 00:58 | 東日本震災支援コンサート