ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:スペインの暮らし( 44 )

グラナダのごはん

グラナダのネタで、今回、特に印象に残ったことがあります。

それはご飯です!

スペインと言うのは、面白い国で、各地方により、それぞれ習慣があるんですね。

それで、グラナダのレストラン、BARの特徴といえば、
まず、中に入って飲み物を注文しますね。
すると、タパ、日本で言う、小皿料理がついてくるんです。
これは、おまけ、つまり、ただなのです。

ビールにしろ、他の飲み物にしろ、セビリアとか他の都市に比べ
数十円高いだけなのに、なぜか、立派な食べ物が、ただでついてくるんです。


外人はびっくりすると思います。
ありえないだろうー!と。


それが、レストランによると思うのですけど、
私たちが、今回入ったBARやレストラン、ことごとく、すごく豪勢なものが
それも沢山の量の食べ物が出てきたんです。
以前の記憶で、こんなに豪勢だった記憶がないほど。


魚のフライやら、ソーセージの煮込みやら、チーズとハムの揚げ春巻き、
豚肉の煮込み、コロッケ。。。。。



びっくり!!


本当のご飯を注文する必要がないほどの量で、
食べると飲みますね。
すると、手元の飲み物が飲み終わりますから、
もう一杯ください、と注文する。

すると、また、次のタパが出てくるんです。


終わりがない!!爆


それで、おなかがいっぱいになり、料理を頼むことなく終わる夕食・・・・

謎の街、グラナダ。



綺麗だったので、試しに撮ってみたセントロです。

a0214711_7374234.jpg

[PR]
by miematsumura | 2015-09-24 07:49 | スペインの暮らし

アラハンブラ宮殿

こないだ、我が庭(?)グラナダに行ってきました。

グラナダは、好きです。
大きすぎないこのサイズが、どこにもすぐいけて便利で、
必要なものもなんでもあるし、レストランもセビリアより種類が豊富です。



グラナダはアラハンブラ宮殿の、ファリャがフラメンコの歴史上初めて
フラメンコ・コンクールを行った広場の写真です。


広場からの眺め
目の前の丘には、少年院みたいなのがあるそう。
あんな山の上に隔離されたら、寂しいだなあ・・・・

a0214711_8152571.jpg


右向くと、お城です。


a0214711_8154959.jpg



広場側の眺め。
売店がどーんと真ン中にあります。


a0214711_818736.jpg


宮殿のある丘を歩いて降りていくと、街に入ります。
その入ったすぐのところの写真。

a0214711_819293.jpg

[PR]
by miematsumura | 2015-09-21 08:25 | スペインの暮らし

サハラ砂漠

暑い日が続きます。

なんと、サハラ砂漠の熱気が砂とともに スペインにも飛んできていて
空が白く曇っています。
そして、暑い。。。。

a0214711_8432369.jpg



ちょっと暑いのにも飽きてきました。。。


自分がでているTVを見ました。
スペイン語をしゃべっている自分をみて、不思議な気がしました。
いつのまにか、それなりにしゃべれるようになるものだなと、
感心しました。ありがたいことです。


a0214711_8521533.jpg

[PR]
by miematsumura | 2015-08-11 08:45 | スペインの暮らし

イギリスの赤ちゃんの名前

亡くなった方の話と対ではないですが、
イギリスのロイヤルファミリーの赤ちゃんの名前の話を。

スペインでは何でもスペイン語に直します。

赤ちゃんの名前が、シャーロット・エリザベス・ダイアナ、というの
日本語の新聞ではじめに読んでいた私が、次にスペイン語で見たとき。


カルロッタ・イザベル・ディアナ


一瞬、同一人物と頭がついていかなく、誰、これ?
と思ってしまいました。。。。笑

ひとりでうけました。

日本語だと、 駆六太・襟座部酢・大穴  かな。違うか・・・


しかし、皆の名前付けて、最強の名前ですね。
驚きました。
もし、次にまた女の子が出来たら、どうするんだろうか???
[PR]
by miematsumura | 2015-05-05 07:16 | スペインの暮らし

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

早くもかなりの日がすぎておりますが、素晴らしい2014年がスタートしている
ところです。

年越しは、風邪気味だった為に、家の中で過ごし、TVを前に葡萄を。

マドリッドのソル広場での、年越しカウントダウンのあのお姉さんは、
この寒空の中、毎年、彼女が美しいのは素晴らしいのですが、肩丸出しの、
ものすごく寒そうな衣裳でいらっしゃるのですが、今年は長袖であられました。

人ごとながら、ちょっとホッとしました・・・・・
いくら仕事とはいえ、寒すぎだと、毎年心配していましたので・・・・
(スペインには、ほっかいろはないよね?)



さて、新年始まってすぐのイベントと言えば、私は、先日ここでお話しした
リカルド・パチョンというフラメンコのプロデューサーに、彼が作ったドキュメンタリ―映画を
観るのに招待していただき、行って参りました。
すでにかなり日が経ってしまいましたが、そのお話しを。
これが予想以上に良かったのです。

マリオ・マヤというフラメンコの今は亡き有名なダンサーがいるのですが、彼のお宅でした。

新年始まって早々に、こういうのを見せていただく機会があるとは、何とも不思議な気がしたのです。
しかし、あまりに不思議な気持ちだった為に、どうまとめていいか、唸ると言うか
考えさせられたのも事実なのです。
自分が、今ここにいるその偶然に、なんだか今までのことと繋がっているなあ、と思いました。
そして、今までのやっていることがないと、これを見ても、感じることが違うんだろうな、と。

ということで、前置きが長いようですが、そのお話しを次でしたいと思います。



今年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by miematsumura | 2014-01-09 22:26 | スペインの暮らし

マンゴの種


さて、先日の我が家のマンゴ、大変美味しくいただきました。

マンゴは繊維があるけれど、このマンゴは全然柔らかで、甘くって、感激でした。

実を切っている時、あのアーモンドのような形をした種を見て、ふと思い出しました。
そう言えば、この種の中に種があるのだ、って。

あの黄色がかった白い種を、ハサミで切って開けると、こういう大きな豆が1つ出てくるのです。
長さ7センチ弱。

a0214711_23343378.jpg


そう言えば、去年クリスマスに、美味しいマンゴの実を数個頂いたときに、
この木がうちにもあったらなと夢見て、調べたら、自分で育てられるらしいことを知り、
試してみたのです。


その時に、知ったことー
ーマンゴーの木は常緑高木で、樹高は40メートル以上に達する。ー


・・・40メートル・・・・

そんな大木に実がなっても、自分で収穫できるのであろうか・・・・?
と、一体、何年先の心配をしているのか、ということで、まずやってみよう!
しかし、常夏の国の果物なので、ちょっとここは冬が寒いのだけど、
そう言ったら、実は、うちにはアボガドの木も、バナナの木もあるのです。
なので、マンゴも行けるでしょう!

去年の挑戦は、寒くて成功しなかったのですが、今年は、頑張ってみたいと思います。
[PR]
by miematsumura | 2013-12-05 00:11 | スペインの暮らし

収穫

師走第一号の記事にふさわしく、
なんと、首を長くして今か今かとずっと待っていた「これ」がとうとう熟れました!
ジャジャーン!

a0214711_2262928.jpg



マンゴです!
我が家のマンゴの木に、初めて実がついたのです。

5月にこんな花が咲き、
a0214711_22105657.jpg


小さな実を確認できてから半年以上。
a0214711_2211522.jpg


とうとうこんなに大きくなってくれました。

木がまだ細いのに、実がゴロンと大きいので、紐で支えていたら、
太陽が当たっている部分と当たってない部分に、明らかに線が付きましたが
あまーい匂いがします。

これから、いただきまーす。
[PR]
by miematsumura | 2013-12-01 22:15 | スペインの暮らし

思いがけないプレゼント

なんと、先週のコンサートで、ものすごく面白いものを頂きました。

日本の日の丸の国旗に寄せ書き・・・・

すごすぎます。
1メートルX1.6メートルぐらいの大きなポスターのような国旗で、すごく大きいのです。

綺麗な花束と国旗・・・・

ものすごく日本を背負っている気がしました。
有難うございます。頑張ります。
[PR]
by miematsumura | 2013-11-26 09:02 | スペインの暮らし



もう7月も終わりですね。

先日、プライベートなコンサートだったのですが、場所がとっても素敵だったので、
写真を撮ったのですが、ぶれていました・・・
こういう夜に写真を撮るときに、さっとする設定が、ちょっと良くわからないです・・・


その後、お友達が海で休暇をしているところに遊びに行ってきました。
a0214711_23373083.jpg


こんな感じで、プライベートビーチになっていて、本当に人があまりいない静かなビーチでした。
大西洋側なのですが、水がつめたっかった!!
海が緑なんです。綺麗だった―。

a0214711_23383057.jpg


スペインは半島になっているわけですが、その半島の先のあたりのマラガやウエルバは、コスタ・デ・ソルとかコスタ・デ・ルツと呼ばれるのをお聴きになったことはあるでしょうか?

それぞれ、太陽の海岸、光の海岸と言う意味なのですが、つまり太陽光線の量が多いのです。

昔、良くイギリスは緯度が高いので、物が青がかって見えるとか聞いたことがあったのですが、
スペインは光が多いようで、全てが輝いて見えると言うか、本当に光の量が違ってすごいです。
サングラスをしないと頭が痛くなります。

そして、日焼け止めクリームを塗って、海に入ったのですが、お尻のあたりに塗るのを忘れていたようで
次の日、そこがかぶれていました。。。

恐るべしスペインの太陽・・・・
[PR]
by miematsumura | 2013-07-29 23:45 | スペインの暮らし

音楽と鳥と花


今度弾くファリャの指揮者とあわせでした。
この曲は面白い。

ファリャは亡くなる時に、自分の死後は、自分の作品を演奏するなと言い残したのですが、この心理って作曲家として、一体どういうものなのか、私にはちょっと理解できません・・・
不思議だ・・・
この曲がないとしたら、すごい損失だと思います。


さて、最近は、かなり温度も上がって来て、さあ、夏が来るぞと言う意気込みを感じます。(地球のです)


ピアノを弾いていると目の先に見えるポーチの電灯は、今は春、鳥との闘いの場となっています。
この季節、毎日草を取っても、また鳥がやって来て置いていき、の繰り返し。
今年は、ツバメも来ていて、・・・ああ、野鳥園になるのは避けたい・・・・

a0214711_614744.jpg


以前、ご紹介した胡蝶蘭は、今爆発的に咲き誇っています。
机に並べてみましたが、あまりの”咲き乱れぶり”に茎が重そう!
4本も茎が出ている株もあります。

a0214711_6153838.jpg


たまに、来客に、何故こんなに上手く咲かせることが出来るのかと聞かれるのですが、
これはピアノを弾く部屋に置いてあるので、音楽って人間、動物だけじゃなく植物にも良いのではないかと、結構本気で思っています。
[PR]
by miematsumura | 2013-05-11 07:10 | スペインの暮らし