ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:イベント( 24 )

意外だったこと

こないだお話した大きなポスター、見たら、思いのほか、超巨大でした。。。。
記念に写真を。笑

a0214711_6523528.jpg



ちなみに、意外だったことといえば、
酵素ジュース、というものが存在すると聞き、面白そうなので、
庭に出来たすももで、自分で作ってみました。

これは桜の木をくれと、近くの植木屋さんに買いに行って植えたら
次の年、実がなり、梅だったという桜の木です。

すももは、梅ではないのだろうか?
桜は梅ではないように、スモモは梅ではないでしょう。


ともかく、やってみたら、確かに発酵してぶくぶくと泡立ちが面白いので、
調子に乗って、さらに何ビンも作ってみたのですが、
どこまで発酵させたら飲んでいいのかわからずに放置。。。。
ある日、あるのを思い出し、匂いをかいだら、アルコールになっていた!!!驚!!


というわけで、意外なことに、お酒を造ってしまいました!爆


思わぬ収穫に、感動したのですが、
私は自分はあまり飲めないので、来客に薦めてみたところ、
スペイン人は超驚いて、受けてくれるんですねー。
私がお酒を作るのが面白いらしい。
皆、これは美味しくて売れるといってくれました。嬉しいですねー。


日本では、梅酒を自分でつけたりするのに、売っていると思いますが
ここではあまりないようです。

というわけで、楽しいので、いちじく、すもも、オレンジ、レモンなど
キッチンに仕込んだビンが、大量に並んでいます。
ほとんど放置で出来るんですよー。
[PR]
by miematsumura | 2015-08-13 07:07 | イベント

ショパン・プログラム

来週のコンサートで、大きなポスターが出ていたと、友人が送ってくれました。
遠い街だと、どのように宣伝して下さっているのか、到着するまで分からないですが、
こうして、友人が送ってくれた写真を見ると、さらに士気も上がるというものです。

a0214711_0195436.jpg


いかにもピアノ!というプログラムを作ってみよう、と思いたち
ピアノときたらショパンだろう、ということで、
今まで、ずっとどこかにスペインの曲をいれていたので、
今回ばっさりそれをなくして、オールショパンにしてみました。


それで、何をメインにするか。
ソナタにするか、4つのバラードか、
どっちかな、と悩んだのです。

実はバラードは、ほとんど、高校時代に勉強していて、
1番はその後もよく演奏して来ましたが
他は、高校以来、何故だか、取り上げたことがありませんでした。


バラードについての思い出は、
父が、ポリーニのドイチグラムフォンのCDを買ってきてくれ、
この鮮やかさ、ロマンティシズム、情熱的で思考的で、
もうなんといったらいいのか、ピアノ、という楽器の全てを全開で使った曲
というイメージで、本当にしびれたのです。

こんな難しい曲を完璧に弾いているポリーニもすごいし、
この心をわしつかみにするような曲を書くショパンもすごい。


高校生だった私は、もう、このパワーに本当に圧倒されて、
床に倒れるほど衝撃を受けました。


4つとも、すっごく素敵だけど、どれが1番自分は好きかな?
一人で考えて、1番かなー、でも2番もいいなーとか、
いや、4番もいいなあー、と延々とやっていました。


当時の私にとって、ピアニストの象徴が、
ショパンのバラードだったかもしれません。


それで4つとも勉強したのですが、
なぜか、4つとも一緒に弾こうと思ったことは、いつか、と言うかんじで
やったことがなかったので、ふと、今、やろうではないか、と思い立ったのです。


実際、そう決めてバラードの楽譜を開けてみると、
昔、難しいと思っていたことが、今はなにも問題なく弾けるとか
2番の始まりの静かなあまりの美しさに涙が出るとか、
いろいろあったのですが、
何より、高校生のとき、「4つのバラードをいっぺんに弾く」
ということ、そして、ピアニストになる、ということは
憧れの、山の向こうの世界、のように感じていたことを、
今、自分がやっているという現実に、すごく感動したのです。


楽譜には、私が高校生のときの書き込みもあって、
それを見ると、一生懸命、自分の頭の中に思い描く音楽を
何とか表現しようと、必死で練習してことが読みとれ、
言葉に表現できないほど、とてもとても感動しました。

どらえもんのタイムマシンがあったら、時間を戻って
高校生の自分に会って言ってあげたい。
ちゃんとピアニストになれてるから、大丈夫だよー、と。


こうして大きなポスターも出してもらって、
外国でコンサートするようになるとは、
本当に夢のようで,素晴らしいです。
感謝の気持ちでいっぱいです。



というわけで、バラードに加えて、マズルカ、スケルツォやノクターン、
ワルツも組んで、それが思いのほか楽しく、やって見てよかったなーと
思っているところです。
[PR]
by miematsumura | 2015-07-15 00:31 | イベント

コンサート

急に寒くなってきました。もう11月も終わりですからね。
秋ではなく、すっかり冬ですね。

こんな綺麗なところで弾いてきました。
壁を見ても天井を見ても、物すごい装飾でした。

a0214711_2534690.jpg



ピアノも初めは眠っている感じだったのですが、練習して弾いて行くと、低音の豊かさと
高音のキラキラした感じがよくって、弾いていても楽しかったです。

日本大使も聴きに来てくださりました。
何と大使は、私の母と同郷なのでした。
私は外国に長年いて、この母の同郷の方にお会いしたのは、初めてじゃないかと思います。
それが日本大使とは、不思議なものです。


次の朝、街の中を散歩してみると、いろんなお店があって賑やかで楽しんできました。
晴天で、気持ちよかったです。

コーヒー・紅茶屋さんがあって、ちょうどお紅茶が欲しいと思ってたので、2種類ほど選んで
買ってきました。紅茶が好きなんです。
「いちごとシャンパン」と「森の果物」というフレーバーの紅茶です。
早速、家に帰って、いちごとシャンパンの方を試してみたのですが、いい香りでした!
楽しかったなー。



では、皆様、良い週末をお迎えください。
[PR]
by miematsumura | 2013-11-30 03:15 | イベント

牛追い祭り はじまりました

先日弾いたコンサートの写真を載せようと思ったら、上手く撮れていなかったので
ボツとなり、只今、頭の隅っこでは、音楽現代さんに載せる記事と
例年のごとくまた始まった、パンプロナの牛追い祭りのことと、
先週末久しぶりにみたフラメンコのことで、頭が混ざっています。


では、まず、恒例の牛追い祭りからどうぞ。
昨日、日曜日に始まりました。
今週いっぱいあります。


" target="_blank">


去年パンプロナ出身の人と知り合いになり、このお祭りの話をしたら
この街に生まれた人にとっては、子供の時からあるので、
どのようにするべきか、牛には何をしていいか、してはいけないかを知っているものだが、
近年、観光客が増え、特に外国人が増えて、何も知らない彼らは
牛に対して威嚇して、声をかけたりするので、危なくてしようがない、とこぼしていました。

ちなみに、イギリスのニュースでは、イギリス人がこのお祭りに参加して怪我をしても、
保険はおりませんので、ご注意を、と警告しており、年々、参加者が増え、
怪我人も増えているのだなと思わせてくれました。


色の濃い牛は、野生の牛なので、白い家畜の牛と混ぜて街を走らせていますが、
濃い方がはぐれて一匹になった場合、逆行したり、角を立てて走ってきたりと
怖いので、ほんとに危ないです。

しかし、スペインは、面白い国ですね。
光と影、生と死、を常に味わいたいのですね。
[PR]
by miematsumura | 2013-07-09 00:02 | イベント

ベティカ室内オーケストラ

先日のベティカ室内オーケストラとのコンサートの素敵な写真を頂きました。

このアルカサールは、今まではお昼間しか入場して見物できなかったそうですが、近いうちに、夜も入れることになるそうです。
雰囲気が昼夜とっても違うので、夜に行くのもまた一興ですね。


a0214711_2036251.jpg


a0214711_20391267.jpg

[PR]
by miematsumura | 2013-05-26 20:42 | イベント

スペインの夜の庭

マヌエル・デ・ファリャの創設したベティカ・オーケストラとの、彼の代表作品である
“スペインの夜の庭”、無事に終了しました。

場所はセビリアの王宮、アルカサール。ここは世界遺産でもあります。
この王宮はイスラム式のお城なのです。
このアルカサールは、名前通り、スペイン王家のセビリア別宅ということで、ロイヤルファミリーがセビリアにいらしたときはお泊りになられます。


今から400年前、仙台は伊達藩の支倉常長が、日本から1年かけてローマ法王謁見の為にやって来て、スペイン訪問した時にセビリアに船を停めて、そこから陸地でマドリッドの宮殿に会いに向かいました。
ちなみに、この時日本に帰らずにスペインはセビリアに残った10人足らずの日本人は、苗字をハポン、と変え、今日では彼らの子孫であるハポンさん、数百人もいるのです。

この6月からオフィシャルにスペインと日本で日西交流400年記念が祝われるわけですが、この時に、VIPとして迎えられた支倉氏が、セビリアで1カ月余り滞在していたのがこの王宮であったらしく、今回、偶然に、日本人である私が、ファリャの創設したオーケストラとこの場所で弾けると言うのは、本当に不思議な縁だなあと思いました。

ものすごく楽しみにしてたのですが、もう本当に素晴らしい夜で、感謝感激で胸がいっぱいのコンサートになりました。

a0214711_816852.jpg


夜にパティオでのコンサートで、舞台には陽が当たるので楽器に良くないので、リハーサルはすぐ脇で行われました。

a0214711_8253012.jpg


お昼間は沢山観光客が見物しているわけですから、人が通り、練習を見る人もいて、なんだか可笑しかったです。
a0214711_826963.jpg



夜の9時半からでしたけど、まだちょっと完全には日暮れではなく、オケの団員が舞台に上って、チューニングしだしたときで、この明るさです。
(ちゃんとピアノの蓋、開けてくださったので大丈夫ですよー。)
お客さんもいっぱいで、夜に暗くなってきて、周りがライトアップされて、何とも言えないエキゾチックな雰囲気がありました。

a0214711_815399.jpg


さて、私は、この日は特別に、日本をアピールするのに、これを忍ばせていきました。
幼馴染が去年、コンサートを聴きに来てくれた時にプレゼントしてくれた、これ。
最強の見方です!!物すごいパワーを感じます!笑
ビバ!日本!!

a0214711_8552444.jpg


この日の衣裳が、すごく良かった。自画自賛です。
これはここに来た人だけがみれたと言うことで写真はなしですが、私が姿を見せたらお客さんがどよめいたのが分かるぐらい沸いてくれたので、ああ、よかったなあ、と自分でも思いました。ふふふ


演奏は、オケと一緒になれてすーごく楽しかったです。
まさにタイトル通り、スペインの夜の庭。
舞台でピアノに向かっている時、目の前に見える王宮のイスラム風のモザイクの美しい壁がライトに浮きあがって、本当に異空間にいるようでした。
ああ、ここに支倉常長氏達が滞在していたのか・・・と時空を超えた何とも言えないパワーを感じて、感無量でした。渋かったです。
あっという間に終わってしまって、もったいない気がしました。


後半のベートーベンの交響曲も、聴いていて、ああ、やっぱり音楽っていいなあ、って気持ちでいっぱいになりました。

それから、オケのアンコールの、アルベニスのセビリア、これが、すーっごく良かったです!
ものすごくセビリアの匂いがしました。
この満月の空と、アルカサールの美しい壁、ヤシの木々、不思議な静けさが一緒に、何とも言えない雰囲気で、物悲しい旋律だとか、本当にセビリア!という感じで、感激しました。
これは、実際にあの場所にいないとわからない味わいだと思います。


こんな素敵な場所で弾く機会をいただけて、本当に素晴らしい経験でした。
本当に幸せいっぱいでした。
また頑張って勉強します。
[PR]
by miematsumura | 2013-05-24 09:24 | イベント

子供コンサート

今日は、子供の為のコンサートの日でした。

これはもう2004年からやっている、私にとって面白い毎年のイベントなのです。
雨の為に延期になっての今日でしたが、素晴らしい御天気でよかったです。

スペインでは、日本に比べて、普通の子供はあまりクラシックを聴く機会がないので、クラシックを身近に知ってもらうと言う意味でも、自国の芸術作品を知ると言う意味でも、また私達、アーティストにとっては、将来の観客を育てると言う意味でも重要です。

私は、スペインの作品と他の国の物を組み合わせてプログラムを組みます。
そして、前もって学校で先生と作曲家や作品について勉強してきてもらって、コンサートに望みます。
はじめてピアノを生で聴く子も多いのです。


演奏の後の質問タイムが、ものすごく笑えます。

まず、私は彼らが何を言ってるのか、あまり理解できません・・・・ははは
(でも、この数年でちょっと前より分かるようになってきましたけど)


ここの地元の人のアクセント、特に一番初めに言う動詞がとっても不思議な発音で、最初の部分はのみこんではっきり発音せず、最後の部分は省略、と言う感じなので、慣れていない私は、え?となるわけです。

が、今日も、ハビエルでさえ何を言っているのか理解できない子もいて、可笑しかったです。

皆が、私がどうして音楽を始めたか、何が音楽することへの情熱となっているのか、などと言う質問をする中で、質問すること自体に興奮している子もいて、今日の一番初めに私が、どうぞ、と指した男の子なんて、
“本当に素敵なピアノでした。本当にものすごく良かったです”
と何度も繰り返して目をキラキラさせて言ってくれて、質問にもなってないのでなんだか可笑しいし、でも、ものすごく可愛くって嬉しい時間です。


これをやって意外なことがあります。

このコンサートをやっているおかげで、皆が私のことを知っていて、ここで花屋に行ったらお花をくれたり、道で会っても子供が私の名前を呼んで手を振ってくれたり、お店ではおまけに果物をくれたり、皆が親切にしてくれて、とても住みやすい環境になっているのです。


外国に住んでいると分かるかと思いますが、外国人と言ってもいろんな外国人がいて、現地の社会で敬意を持ってもらえるかで住みやすさが変わると思うので、初めは、そのような事を考えて始めたわけじゃないので、思いがけないおまけがついて来て、思わぬ幸運だったなあと思います。
[PR]
by miematsumura | 2013-05-04 08:07 | イベント

新年のご挨拶 と 私のお年始

新年明けましておめでとうございます。
皆さま、よいお年をお迎えになりましたこととお慶び申し上げます。


2013年になって、早くも1週間です。

セビリアはお天気が大変良く、ポーチでお昼を食べれるほど。
空は綺麗な青。

a0214711_0153965.jpg



年末にはグラナダにおりましたが、グラナダの寒いことといったら!!
(と言っても、それでも今年は、例年になく暖かでしたけれど)

アラハンブラにお墓参りに行きました時は、靴底からしんしんと冷えが上がってくる氷のような大地を踏みしめ、目の前に広がるは真っ白のシエラ・ネバダ。
そして、上を見上げると真っ青の空!素敵な自然の組み合わせでした。


冬と言えば、私は炎が好きで、今の家に住むときにも暖炉をつけるかどうか考えたのですが、部屋に暖房だけ、と言うよりも、やはり暖炉の炎があった方が、ということで暖炉をつけたのは大正解。気分の盛り上がりが違います。
私は火をおこすのが得意で、これは私の冬の趣味です。ああ 楽しい!


・・・と、暖かになったところで、新年で気分が良くなり、練習しなくてはいけない曲以外に、ふと思い出して、何故か、“あの曲”をまた弾いてみようかな、と言う気持ちになって、引っ張り出してきました。

ブラームスの作品118です。


これは、ブラームスが60才を超えた時に作曲した、ピアノ独奏のために書かれた小曲を6曲集めた曲集なのです。20こ書いた小曲を、作品116,117,118,119とわけて発表した、人生の酸いも甘いも味わいつくしたブラームスの人生の結晶ともいえる深い芸術です。これでピアノ独奏の為の曲は最後なのです。


私は、これを大学一年の時に初めて勉強したのだけれど、二十歳にもなっていないぴよぴよの私には、本当に大人の曲に見えて、憧れにしびれて魅了されたのです。
ネクラなのか、こういう暗い曲が私は好きでした。

はじめの5曲は何とか形になっても、最後の6番目の曲が、その深さの究極の最たるもので、すごく難しかった。音は弾けても、その裏の感情を上手く表現するには、渋すぎる曲でした。


森に囲まれた暗く、寒く、深い湖に石を投げ込むと、水面に輪が広がり、深い深い底に静かに石が沈んでいくイメージ。厳しく、孤独なイメージで、いくら練習で探しても、どう自分に問いかけあがいても、この渋い感情は当時の自分の感情の引き出しには、まだ存在していない、という不思議な感覚がありました。
こういう気持ちになった曲は、後にも先にも、この曲だけです。


その時、リサイタルで舞台には一度乗せはしましたが、もっと大人になった時の為にこの曲は置いておこう、と寝かしてありました。それからずっとこの曲は、暗い森のイメージと共に、いつも私の頭の隅にありました。


それを、楽譜を引っ張り出して弾いてみたのです。
ものすごーく、久しぶりに!!


この楽譜を読み進めていく時の感覚と言ったら!
懐かしく、また同時に、こんなにも暗ーい音楽を自分が好きだったのか、と驚きました。
でも、今だったらちょっと前よりも上手く弾けるかも!な感覚がありました。嬉!!
私も少しは、成長しているかなあ。。。


と、希望の持てた今年の私のお年始でした。ふふふ



皆様のお年始はいかがでしたでしょうか?

お餅を沢山堪能できたのだろうなあ、と、とても羨ましいです。
何故か、私はお豆の入ったお餅が食べたいです。


今年もどうぞよろしくお願いいたします。





面白い余談・・・・
このブラームスの曲に出会ったのは、先輩がリサイタルで弾いていたのを聴いたからなのですが、そのSちゃんが、卒業して日本に帰る、と聞いた時の会話。
(アメリカでの話)

“日本のどこに帰るの?”

“実家は東京なの”

“へえ、東京のどこに?”

“町田”

“え?町田!私も町田!町田のどこ?”

“玉川学園”

“え!私も。何丁目?”

“*丁目。”

“えー!私も!何番地??”

・・・と、番地まで聞きだし、何と、私の実家の5軒ぐらい先のおうちの方だったのです!!!!
信じられない!
そういうことってあるのですね!人生、面白いです。
[PR]
by miematsumura | 2013-01-07 10:04 | イベント

アントニオ・レイ

この3日ほど良いことが起こっているので、すごく忙しいのですが、うきうきとなんだか嬉しい気分です。

昨夜は、アントニオ・レイのフラメンコギターのコンサートに行って参りました。

何か載せたいと思って見つけてきたものをご紹介しましょう。
1つ目の最後がぶつっと切れているのが気になりますが・・・・







彼の演奏を生で聴くのは、ものすごーく久しぶりで、あまりに久しぶりなので、いつからかな?と一生懸命思い出してみると、2009年の11月、家に遊びに来てくれた時以来でした。3年も前です。時が経つのは早い。
おまけに、この時、私のゴイェスカスのCDが録音したばかりで、一番初めに聴かせたのがアントニオだった事を思い出しました。ああ、懐かしい。

そして、録音セッションの時に、幽霊のセレナータを弾いている時に壁の木の巨大パネルが、ばーんと落ちてきたんだったな。とふと思い出したら、舞台の背の部分にロープが5本ほど、上から床までぶら下げてあった飾りの1本が、いきなり落ちてきました。びっくり。テレパシーでしょうか。(幽霊の??)


彼はすごくいい意味で大人になっていて、より音楽が成熟していました。
3年も経つとはっきり分かるものですね。嬉しいですね。
とても良いコンサートで、楽しみました。
ティエントとか素敵な曲が沢山あったのですが、ここでは紹介出来ないので、彼の最近出したと言うCDを聴いてみてください。彼は素晴らしい才能を持っています。

そして、急にこの数日涼しくなったために何となく風邪気味だったんですが、コンサート会場を出るころには治っていました。笑
ああ、よかった。
[PR]
by miematsumura | 2012-09-23 08:22 | イベント

まだまだこれから サン・フェルミン

今まで特に気にしなかった牛追い祭りなのですが、ここに載せるようになって妙に気になるようになってしまいました・・・

黒い牛が元気に独走しているのですが、この黒いのが危険な牛なので怖いのです。
白い牛のを混ぜているのは、白いのは飼われているので人を襲ったりしなくて道を走ってくれるので、それに一緒に黒いのが走ってくれるようにしているのですが、黒いのは放し飼いにされている闘牛に使う牛なので、一人になると、人に突っ込んで行ったりするのです。



2-3日分見ていて気がついたのですが、毎日同じ人々が参加している!
初めに、マリアさんに向かって皆一緒に誓っているのが、同じおじさん達が映っています。
もう命かけて参加しているんだなあ。と、妙に感心しました。

これは、またしても黒い牛が独走して、道を戻ったり大騒ぎになっています。怖い。
こけた人も多いし、こけた人の上を牛や人が走っていったりと、けが人も多かったのでは・・・
病院は大忙しです。


しかし、このお祭りで、1週間観光客で街が大賑わいになるって、なんとも不思議で面白いなあと思います。
[PR]
by miematsumura | 2012-07-09 23:12 | イベント