ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

VEJER

演奏をしてきました。
スペインで、スペイン物を弾くのはやはり面白いです。
CHOPIN ショパンを、チョピンと発音する人がいるのには、まだいいですが(笑)、ちなみに、スペインは何でもスペイン語に治して発音する傾向があり、ヨハン・セバスティアン・バッハは、ホアン・セバスティアン・バックになり、ホアンって?誰?と一瞬考えるモードになります。


帰りに、ちょっと寄り道をして、VEJER/べへール、という山のてっぺんにある街に寄ってきました。

自分が弾くときは写真を撮ってる余裕がないというか、油を売っている場合じゃないので、写真がないですが、このべへールの写真は撮ってきましたので、ちょっとご紹介を。

道をのんびりと進んでいくと、風車発電の白い巨大な風車が沢山見えてきます。
青い空に風車の白が綺麗です。

a0214711_2103547.jpg


写真中央右に黒い牛ちゃんがいるので、このサイズの対比で、風車がどれだけ大きいか分かると思います。
ものすごーく大きいです。
a0214711_284456.jpg



こんな自然の中に突然小山が現れ、そのてっぺんに街が。
上から見ると、周りが皆見える見晴らしで、これで敵が来ても分かるというわけです。
a0214711_231457.jpg


この街は、家の壁を白くしなくてはいけない、と決められているそうで、とにかく白。真っ青な空と白い家の対比が鮮やかです。今日は特にお天気が良かったので、素晴らしかったです。

a0214711_2214976.jpg


a0214711_223388.jpg



こんなアラブ風のお店もあって可愛いです。
この店のおじさんが怖くって、落ち着いて見れなかったのですが、あのモロッコ風の室内履きを買えばよかった・・・・ビーズやスパンコールがいっぱいで可愛かったのに・・・

a0214711_2352793.jpg


a0214711_22466.jpg


街の真ん中には教会がありました。空が青いです。
a0214711_7122010.jpg


この後、お昼を食べたのですが、近くにイタリアンジェラートの、本当にイタリア人女性がやっているお店を見つけて、あんまりに美味しいので3つも食べてしまいました。
急性糖尿病になるかもな、と一瞬思ったのですが、結局食べました。ラムレーズンと、ピスタッチョとメロンです。メロンがすーっごく美味しかった!この人に弟子入りして、学びたいと思いました。
このお店が私の家の近所にあったら、絶対毎日行きます。

この最後のアイスのおかげで、この街が本当に気に入りました。また戻ってきたいです。
[PR]
by miematsumura | 2012-08-30 06:57 | スペインの暮らし

またしても50度

今朝はセビリアのセントロに。
今日は珍しくカメラを持って外出したので、まずは記念に空を。
昨日に引き続き快晴です。

a0214711_7345468.jpg


午前中はまだ涼しいので、この間に用事を済ませた後、記者会見に。
建物やパティオが、すっごく素敵なので写真に撮りたいですけど、政府の建物なので、写真は一応遠慮しておきました。残念!

ところで、スペイン、特にアンダルシア地方では、レストランやBARが道にテーブルやいすを並べて広げていますが、暑い夏の間は、太陽よけの為の傘 + 傘の先から、自動的に5秒ごとぐらいに水蒸気がぷわーっと噴出すスプレーチューブがくっつけてあります。


a0214711_88322.jpg



a0214711_84639.jpg


見えるでしょうか?傘の内側から、霧がさーっと出てくるので、これはかなり涼しく感じるようになって、これのおかげで道で食事も出来るわけです!
これを考えた人はすごい!


この時、ばったりフラメンコ・ピアニストのペドロ・リカルド・ミーニョに遭遇。
結構久しぶりだったので、お茶をしにBARへ。
お互いの近況報告などおしゃべりをしました。

リカルドは有名なインドのシタール奏者のラビィ・シャンカールの娘、アヌ―シュカのCDで彼女とコラボしたり、活躍中です。

霧が涼しい!と言っておきながら、BARの中に入っているのですが・・・笑

a0214711_7315156.jpg



彼の動画をUPするのに何かないかなと探してみたら、こんなのを見つけました!!
ここで去年の夏に、彼について書いてますけど、
http://miespain.exblog.jp/12974855/
2009年のセビリアのTVでの彼のドキュメンタリーです。3本に分かれているうち3番目で、まさにこの彼の家と飼っている動物にが出てきます。鶏の事もずばり話しています。可笑しいですね。




その後は、暑くなる前に帰宅すべく退散しました。

帰宅して、日向にまた温度計をおいてみると、・・・・50度超えてました・・・・ああ!
[PR]
by miematsumura | 2012-08-23 08:39 | スペインの暮らし

激暑お見舞い申し上げます

残暑お見舞い申し上げます。


今年は暑いですね。

残暑・・・・ これを残暑と言うのか、本暑というのか(そんな言葉があるのかどうか)、考えつつ、昨日今日とものすごい暑さで強烈だったので、ちょっと午後5時に庭先に温度計をおいてみました。

すると、これ。

a0214711_6215022.jpg


上が温度で、下が湿度なのですが、50度までしか測れないのです。
それが、50度までいっぱいになっている・・・・・


もしかしたら50度以上ではと思い、もう1つある温度計で測ってみました。

a0214711_6272967.jpg



やはり、超えています。


機械を超える暑さ、って素敵ですね。
ビバ!スペイン!熱いですね!!やはり情熱の国だからでしょうか。(違うと思うけど)


・・・まさか60度行ってたりしてね。
[PR]
by miematsumura | 2012-08-22 06:31 | スペインの暮らし

西日本新聞

前に書いてたと思うのですが、その時は忙しくて載せてなかったですが、今ちょうど手に入ったのでUPします。
西日本新聞の大矢さんという記者の方が、私の長いややこしい話を上手くまとめて載せてくれたことに感謝です。良く調べてインタビューに来てくださって、本当に感心しました。

a0214711_2341379.jpg




マヌエル・デ・ファリャが、グラナドスの死後すぐにこの曲について音楽雑誌に寄稿していて、それを読むと、本当にファリャもこのゴイェスカスについて、感嘆していたことが、ありありと読み取れます。

彼と交遊のあったファリャは、ゴイェスカスの楽譜を手にして、自分で読み弾いていきます。パリで、グラナドス自身が弾いてくれた時の感動を思い起こしながら。
そして、この作品のリズムや旋律の抑揚やニュアンス、アクセントを繰り返し再現し、いかに、この曲がいかにグラナドスの内面を目に見えるはっきりとした形で再現したような音楽であるか、ということに感心し、強調しています。


私もこの曲を読み始めたとき、同じことを感じたのを良く覚えています。そして弾きこんでいけばいくほど、はっきりとより細部まで光景が見えるようになり、いろんな曲を弾いてきましたが、ここまで絵が一緒に浮かぶ曲は初めてだったので、驚き、楽しみ、興奮しました。こんな曲があったとは!

もし、グラナドスがあんなに早く亡くならずにいたら、一体どんな曲を更に作ったのか、と想像します。
[PR]
by miematsumura | 2012-08-06 00:10 | ゴイェスカス