ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

嬉しい驚き ファンダンゴ

このブログを書きながら、ラジオをかけていたら、何と偶然に私のCDゴエスカスの炎のファンダンゴが流れてきましたー!
びっくりしました。笑

国営ラジオの番組に、約40年も続いているnuestro flamenco 私たちのフラメンコ、 というフラメンコの王道の番組があります。
クラシックのチャンネルです。
以前2回ほど出していただいたことがあるのですが、今回はフラメンコのピアノの特集のようで、私のCDから、組曲ゴエスカスの第3曲目、炎のファンダンゴが流れていました。
このファンダンゴは、ベースがフラメンコのファンダンゴなのです。

この録音には色々エピソードがありますが、私が「コンパス」の存在に気がついて解釈したこの演奏。
これをを聴いたあるフラメンコ・ギタリストが、感銘を受けてくれたらしく、2回ほど会った時に、私はこの曲の素晴らしさについて熱く語ったのを覚えています。
その後、彼はギターにゴエスカスをアレンジして録音したのです。
これは、私の解釈がよいコンパスを持っている、ということの証拠だと思うので、私の録音がなければ彼は録音をしなかっただろうし、面白い流れだと思います。
フラメンコからインスピレーションを受けてクラシックに来た曲が、またフラメンコに戻るポイントになったわけですね。


ちょうど、フラメンコとクラシック音楽の関係を話している時にラジオから流れてきたので、私も驚きました!
[PR]
by miematsumura | 2013-09-26 07:23 | スペイン音楽

イーストマンでの学理のクラス

前回からの続きです。



イーストマンの音楽理論の試験で、全員に配られた試験の用紙には、お決まりの、音程だとか和音の種類、転調してかけ、とか、普通の質問があった。
しかし、一番最後の質問は、なんだこれは?と思ったんです。

ただの白紙の紙が配られ、教官がいいました。
「今からかける音楽について、何でも気がついたことを書いてください」

音楽を聴いて書くのは大体聴音だったので、その場合は五線紙に何の音か書くわけです。
しかし、今回は、五線紙でもないただの紙に、書く。

何を???

そこでいくつかの質問が生徒から出ました。
「形式でも何かのモチーフと思われる音程でもメロディーでも、途中で何が起こっているか、何でもいいのです。あなた方がなにを聴けるのか知りたいのです。」


面白でしょう?こういうのは日本では、見たことがなかった。


使用された音楽はモーツアルトの何かオーケストラの曲の3楽章とか、1楽章ではない最後の方の楽章でしたね。(そうじゃないと、ソナタ形式になるから)

これを数回流してくれて、必死に何かを見つけて書くわけです。


ちなみに、この試験で、はっきり言って、何か良くわからないけど分かることを書いて出したら、何故か習熟度別で一番いいトップ約20人だけがいるクラスに入れてしまったんです。
これは、今思い出しても笑えます。
何故なら、私は英語で音楽理論するわけで、実は、多少ちゃんとついていけるのか恐る恐るのところがあったのですが、クラスが始まってびっくり!することになります。


ちなみに、この音楽理論のクラスは私は大学で受けた全てのクラスの中で一番印象に残っているのですが、理由は内容のレベルの高さと、個性あふれるクラスメイトのおかげでした。クラスには3人のアメリカ人と高校の時に移民してきたロシア人の女の子が、中央に陣取っていました。
毎回のクラスで、先生の目の前に貼りつくように、いつも真ん中に陣取っているのです。

そして、この4人がすごいのです!

先生が質問をするとします。
その文章が終わらないうち、または、質問の初めの3文字ぐらいで、(何しろ英語は”What do you think~"とまだ内容を言ってもいないような時)に、はいはい!はい!とか手を挙げて、そして、何かを答えるんですよ!爆

また、ロシアから来た子は、よく言いました。「モスクワでは・・・・」


純真な日本人だった私は、仰天します。
あの天才を生みだすモスクワから来たのか・・・恐るべし、と。

先生が質問を言うより前に、先生の指が指している部分がどれだけのことか分かるぐらい、この人たちは物知りなのだ!!
それに比べて、自分は、先生が質問を言い終えないと、何が質問なのかもわからないよう!


今思い出すと、お腹を抱えて笑えますが、当時は本気で驚いて、落ちこぼれないようにと、必死でした。

しかし、ある時、しばらくたって、先生に私は道で会った時に聞きました。

「あの4人はいつもすごいですね。あれだけの即効で理解するとは、恐ろしいと思ってるの。」

「ははは、あれはほとんどは間違っているんだよ、気にしなくていいんだよ」

「・・・・・・・」



恐るべきアメリカ人。いや、ロシア人も・・・・
おお、威嚇作戦だったようです。



ドレミの音を聴いて書き取る、という以外に、音楽として、何が聴こえて来ているか、ということをききとる練習を繰り返しました。

例えば、小説の朗読をきいて、そこで、一語一句違わずに紙にかけるけど、どういった特徴の人物が出てくるか、何が起こるか良く理解できていないという場合と、大きな流れとして、どういった人物が、どういう状況で、どんな人や物事に出会った後、どういったきっかけでどこかに行くことになり、出会い最後にはどうなるか、等の内容の流れを聴きとる能力を持つという場合の、この違いが分かるでしょうか。


私は日本で前者の方はすごく磨いていたので、音をかき取ることは出来た。
でも後者の方は、あまりそれが存在することも意識してなかったような気がします。

面白いことに、とにかくこの4人がおしゃべりな為、曲をかけていると、「あ、ここにV-Iになった」「ここにbVIがある」とかいちいち言うわけですね。だから、どういうことを他の人が聴いているのか分かるわけです。そして、実際に、気をつけていると、だんだんそういうのが聴こえてくるようになるのですね。


音楽の理論が紙の上の理論ではなく、実際に作品を解釈するのに使えるような、実際の理論であることが、この学校で学べた幸運の一つだったかと思います。

この訓練があったからフラメンコを実際に見たときに、ファリャやアルベニスの楽譜と結び付けることが出来たのかも知れません。
[PR]
by miematsumura | 2013-09-26 05:55 | スペイン音楽

何故かという答え

すっかり秋の空で、大変に過ごしやすくなりました。
食欲はいつもあるので、やはり涼しくなり過ごしやすくなったことは、秋の魅力ですねー。
それでも、日向に行くと、まだまだ暑いですけれど。


音楽現代さんで書かせていただくようになって、いつか日本でも話したいと思っていたことが
少しずつですがお話しできて、本当に嬉しく思っています。
文章にするのは簡単ではなく、何しろ、目に見えないことを何も知らない人に説明するわけですから、どういった表現が適切か、いろいろ考えます。
そして、1ページという限られた所にまとめるのですから、一応、私なりに頭をひねります。

書くこと自体は楽しくって、ピアノは子供の時から始めてないとでいないですけれど、もしピアノをやってなかったら、物書きになってたかもなあ、とか、調子のいいことを言ってます。
まさに楽観主義の塊ですね。
これからも、もっといろいろ出てくるのでお楽しみに。


友人の何人かは、記事を読んで、その感想を送ってくれたりして、
「何故、日本人の私が、フラメンコとスペイン音楽の関係とか、コンパスのこととかを分かるようになったのか」
という質問をくれました。


これは、私も自分で何故だろうか、ということを考えたことがあります。


自分で思いつくところの、いくつが理由があります。

まず、私自身がスペインに来る前から、スペイン音楽にある謎を持っていたこと。

そのなんだろうなあ、どうしてだろうか、とずっと思ってたところに、スペインに来ることになったので、注意を払ったわけで、もし思ってなかったら、スペインに来ても気がつかなかった、または興味がわかなかったかもしれません。


その次には、すでに私が大学院も出て一通りの勉強を終えてからスペインに来たので、すでに自分の頭だけで考えるだけの充分な知識があったからかな、と思います。

やはり物事を見ても、自分の中にそれを測る物がないと、判断できないと思うからです。

その中で、ひとつ、私が役に立ったのじゃないか、と思いあたるのは、自分がイーストマンで受けた教育です。

日本でも桐朋のこどもの教室に小さいときから通っていて、ソルフェージュは結構得意でしたし、堀川高校でも、聴音がとても難しく鍛えられたので、聴音等は結構出来た方だと思います。
音楽理論も好きでした。

それがイーストマンに行って、入学したらすぐに習熟度別のクラスに分ける試験がありました。
その時にその自信が揺らいだことを思い出すのです。


・・・と長くなるので、続く・・・・・

(もったいぶるな―、と声が聞こえてきます・・・・・笑)
[PR]
by miematsumura | 2013-09-22 07:26 | スペイン音楽

音楽現代10月号


毎月、表紙が素敵なお花なので、とても楽しみにしてるのですが、
秋の10月号は、綺麗なコスモスです。
急にぐっと秋になった気がしますね。

a0214711_4453587.jpg


10月号はアラハンブラ宮殿とファリャについてです。
お手に取っていただけると嬉しいです。

お花で思い出しましたが、グラナダに行くと、こことはまた違った見たことがないお花が咲いているのです。
ちなみに、グラナダの市の花は、グラナダ=ざくろです。
車道と歩道の柵だとか、あらゆるところにザクロの飾りがついていて、可愛いです。
[PR]
by miematsumura | 2013-09-16 05:09 | スペイン音楽

昨日の続き

アファナシエフの本を読んで思いだしたのが、
スペインで、フラメンコのある有名なフェスティバルに出演した時のこと。


オペラのように、こういう大きなフラメンコの出し物が行われるフェスティバルでは、
記者会見が行われ、沢山の雑誌や新聞やTVが来ます。
そこで、テーマやコンセプトだとか色々話すわけですが、
私が「セレナータ・アンダルーサ」で出演した時のこと。

フラメンコとスペインのクラシック・ピアノ音楽の出会いをテーマにしたこの作品は
すでに何度か公演していて、晴れてそのフェスティバルに参加となりました。


私達が喋った後、質問タイムになり、質問が。

「ダンサーに質問です。あなたは、フラメンコを踊られるのですか?」




一瞬、彼と私は顔を見合わせましたが、さすが、スターである彼は、さらりと答えました。

(最盛期にはパリのシャンゼリゼ劇場で二カ月毎晩ショーをするほどのスターだった彼は
しばらく舞台を離れていて、これが彼にとってはカムバックの舞台なのでした)


「はい。フラメンコを踊ります」




・・・本当に現実は小説より奇なりですね。
(アラハンブラを家畜小屋にするには負けるけど・・・・)



また、ある時、クラシックとフラメンコの繋がりを、コンパスのこととか面白いので話を聞いてください、
と、言ったら、ちょっとそれは難しくて分かりません。面白くないです、と断られたことがあります。

確かに人間は自分が理解していること以上のことは、理解できないのかもしれません。

しかし、その理解できない部分を理解しようとするから、進化があるわけで、
それなしには何も始まらないし、一番面白い、そして基本の根っこがそこだったので、それを飛ばしては何も始まらないので、その答えにちょっと私も考えこんだことがあります。
が、そうこうしているうちに、自分の口から、それらのことをちゃんと話せる機会を、こうして音楽現代さんからいただけるようになったので、却ってよかったかなと思います。
これはCDのおかげですね。
本当に幸運だったと、感謝しています。


人生って、上手く出来ていて、ちゃんと一番いいようになるんだなあ、と
感心しているところです。


スペイン大冒険 続きます。
[PR]
by miematsumura | 2013-09-07 06:06 | 芸術について

ピアニストのノート

こんにちは。
忙しさにかまけて、御留守になっておりました。
新しいプログラムや、以前取り組んだことのある曲等、いろいろ準備したり、実際演奏したりして忙しくしております。

暑さの残る日々、いかがお過ごしですか?

色々書きたいこともあるのですが、
ピアニストのヴァレリー・アファナシエフが書いた本の日本語訳 「ピアニストのノート」(大野英士訳)を読んでいることについて。


これが面白い。
これはアファナシエフにしか書けないでしょう。
そして、彼の音楽観を聴くことが出来て意義深い本だと思いますが、こんな本を日本語に訳していただけて有難く思います。

彼がロシア人だと言うことで、やはりこの物の見方がロシアを感じます。
そして大いに共感する部分が沢山あります。
華美な飾り気ない芸術の本質を見る性質を読んで思い出すのが
私の大学の師、ナタリア・アントノヴァです。

彼女に出会えたことは、私の音楽人生を大きく左右するのですが、
この本を読んでふと思い出したエピソードがあります。


ショパンコンクールを優勝したユンディ・リが、大学進学をどこの学校にするかで
アントノヴァに連絡を取ったときのことです。

ショパンコンクールの2年ほど前に、彼はアメリカのジュニアの為のジ-ナ・バックアウワ―コンクールで優勝しているのですが、このコンクールは、ただの演奏を評価するだけの従来のコンクールとは違い、マスタークラスがあって、参加者が審査員となるピアニスト全員にアドバイスをもらえる機会があります。
ユンディが参加した年、アントノヴァは審査員で参加していたのでした。

そこで、大学進学で彼はアントノヴァに師事したいと連絡を取りました。

しかし、アントノヴァは、ヨーロッパのコンクールで優勝したのだから、ヨーロッパで勉強した方があなたの今後の為になる、と自分のもとではなく、ヨーロッパの学校を薦めます。


普通だったら、ショパンコンクール優勝者が自分のもとに来て、更に研さんを積みたいのだ、と、自分が優れた教師であることのこれ以上の宣伝はないですから、すぐに受け入れると思います。

しかし、そのようなことを彼女はしなかった。
彼のことを考え、一番に良いと思われるアドバイスをした。


それも何年もたって、他の話をしていた時に、自然にこの話が出て来て
聞いた私はびっくりしました。


会社でも、短期の決算をして結果を出す、等、すぐ前の目先のことにとらわれがちな現代ですが、このような意見もちゃんと存在するのだ、ということを思い出させてくれる本です。


<注意>彼はこの難しい性格に見える外見からは想像できない、ユニークな面もあり
声をあげて笑ったりするところもあって、電車等の公共の場所で読んだりするのは、危険かもしれません



長くなるので、今時間がないので、また明日に続きます・・・・
ごきげんよう
[PR]
by miematsumura | 2013-09-04 22:28 | 芸術について