ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

コンサート

急に寒くなってきました。もう11月も終わりですからね。
秋ではなく、すっかり冬ですね。

こんな綺麗なところで弾いてきました。
壁を見ても天井を見ても、物すごい装飾でした。

a0214711_2534690.jpg



ピアノも初めは眠っている感じだったのですが、練習して弾いて行くと、低音の豊かさと
高音のキラキラした感じがよくって、弾いていても楽しかったです。

日本大使も聴きに来てくださりました。
何と大使は、私の母と同郷なのでした。
私は外国に長年いて、この母の同郷の方にお会いしたのは、初めてじゃないかと思います。
それが日本大使とは、不思議なものです。


次の朝、街の中を散歩してみると、いろんなお店があって賑やかで楽しんできました。
晴天で、気持ちよかったです。

コーヒー・紅茶屋さんがあって、ちょうどお紅茶が欲しいと思ってたので、2種類ほど選んで
買ってきました。紅茶が好きなんです。
「いちごとシャンパン」と「森の果物」というフレーバーの紅茶です。
早速、家に帰って、いちごとシャンパンの方を試してみたのですが、いい香りでした!
楽しかったなー。



では、皆様、良い週末をお迎えください。
[PR]
by miematsumura | 2013-11-30 03:15 | イベント

思いがけないプレゼント

なんと、先週のコンサートで、ものすごく面白いものを頂きました。

日本の日の丸の国旗に寄せ書き・・・・

すごすぎます。
1メートルX1.6メートルぐらいの大きなポスターのような国旗で、すごく大きいのです。

綺麗な花束と国旗・・・・

ものすごく日本を背負っている気がしました。
有難うございます。頑張ります。
[PR]
by miematsumura | 2013-11-26 09:02 | スペインの暮らし

お天気

また青空になると思いますが、この2日ほどはロンドンのようなくらーいくもり空。
急に冬の気配でいっぱいになってしまいました。
が、2日までまでは、こんな青空だったんです!


a0214711_524887.jpg


紅葉が綺麗だなあと、眺めていた木。

a0214711_53578.jpg


そんな中でも鮮やかな濃いピンクのブーゲンビリアが、セビリアって感じかしら。

a0214711_553199.jpg


皆さん、風邪にはお気をつけて!
[PR]
by miematsumura | 2013-11-23 05:10 | 日々の出来事

音楽現代 12月号

音楽現代12月号発売です。


a0214711_6265011.jpg



今月は、   「コンパス」が私にくれた新しい扉―組曲ゴイェスカスとの出会い   です。

何と、今月は、シズオ・クワハラ君のインタビューがあるようです。
彼は、私のイーストマン時代の1年だったか2年だったか後輩です。
ショルティ・コンクール優勝の大変優秀な指揮者で、大活躍で嬉しいことです。

是非、御手に取ってみてください。


では良い週末をお過ごしください。
[PR]
by miematsumura | 2013-11-16 06:30 | スペイン音楽

対談

皆さま、ご無沙汰しております。
ここに書こうかなと思うことは、たびたびあったのですが、
最近とても忙しく、時間がなくって、ゆっくり座って書く機会がありませんでした。
(といいわけ)
来週は、2このコンサートと原稿の締め切りがあり、きっと締め切りを前に苦しむ作家気分を
味わえることになるでしょう。さて、どうなる事やら。


しかし、金曜日(もう明日!)に次の音楽現代が出る前に、11月号のことについて書いておこうと思ってやって参りました。


音楽現代の最新号、11月号の、ここで前回申し上げたように、
ピアニストのアファナシエフ氏と金剛流宗家の能楽師、金剛永謹氏の対談を大変興味深く拝見させていただきました。

全く異なる芸術の、それを代表する方の対談で、
いろいろ面白く思う点があって、こんな珍しい対談を組んでくださったことに感謝です。
東洋と西洋の2つ全く異なる芸術ですから、多少知っていることはあっても、よくよく読むと興味深いものです。


まず、驚いたのが、アファナシエフ氏が学生時代に「徒然草」を読んでいたことや、
16歳で能のレコードを聴いたことがあった、ということ。能をレコードって!

「徒然草」が、そんな以前からロシア語に翻訳されているとは!無知な私は驚きました。
すごい日本通のロシア人がいたと言うことですよね。素晴らしいことです。
そして、アファナシエフ氏は、学友の多くが吉田兼好を読んでいた為、語り合ったと言うことです。
日本の古典が、こうやって外国でも知られているとは、嬉しいことです。
ロシア人は日本のことをどう語っているのか、知りたいなあ。


それから、私が面白いと思ったのは、金剛氏がおしゃるように、
能がものすごく好きで大学のクラブで本格的に初めてプロになる人が最近多く、しかし、小さいときからやっているのではない為に能を舞う体になってないので、違うようになって見える、ということ。
大学のクラブって、何でもあるのですね。。。。
日本の大学に行ってないので、良く知りませんけれど、アメリカの大学でそんなものがいろいろとあったのであろうか?
そのクラブの有無は置いておいて、まあ大学のクラブでピアノを始めて、ピアノのプロを目指すと言う人はいないでしょうから、大学で能を始めて、能のプロを目指すと言うのはどういう意味なんだろうか、と思いました。

そう言えば、大学時代に一人、10歳でピアノを始めたという女の子がいて、皆同級生は驚いたのを思い出しましたが、やはり、彼女は腱章炎になって苦しんでいたので、多少遅く始めたことが関係あったのでしょうか。


最後にアファナシエフ氏が言っていることは、本当にそうですね。
そして、金剛氏のお話もそうかもしれない。
今クラシックのコンサートに足を運ぶ人数と、能に運ぶ人数を比べたら、クラシックの方が多いのではないでしょうか。それとも、能の方が多いのだろうか?
私は自分がクラシックをやっているので、クラシックの方が多い気がしているのかどうか。

でも、良く考えると、日本の伝統芸術なのにおかしいですよね。
もっと私自身も含めて、能や歌舞伎に行くべきだ。
色々私も最近いろいろ考えることがあって、それに繋がる部分があるこの対談でした。
[PR]
by miematsumura | 2013-11-14 08:51 | 芸術について