ピアニスト 松村未英 の  スペインの日々
by miematsumura
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
音楽現代12月号発売
at 2015-11-23 19:34
サンルカール・デ・バラメダ
at 2015-10-24 08:08
音楽現代11月号
at 2015-10-22 09:40
キティーちゃんとピアノ
at 2015-09-30 08:28
グラナダのごはん
at 2015-09-24 07:49
カテゴリ
全体
はじめに
東日本震災支援コンサート
日々の出来事
スペインの暮らし
イベント
思い出
芸術について
動物
スペイン音楽
セレナータ・アンダルーサ
お知らせ
ゴイェスカス
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
フォロー中のブログ
メモ帳
おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び松村未英に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

キティーちゃんとピアノ

皆様、我が家のわんこちゃん、キティーちゃんを
覚えてくださっておりますでしょうか?

我が家にやってきて、もう早くも2年と半年近く。

ピアノに合わせて歌います。

最近は、ピアノを習ってみたいのかどうか、
私が弾いていると、にょっと、顔を手の上に乗せたり
鼻先で私の手を押しのけたりします。


今日は、顔を乗せてきたので、写真を撮ってしまいました。
結構、笑えます。

ただ、顔を乗せて、じーっとしてるんです。

a0214711_823529.jpg

[PR]
by miematsumura | 2015-09-30 08:28 | 動物

グラナダのごはん

グラナダのネタで、今回、特に印象に残ったことがあります。

それはご飯です!

スペインと言うのは、面白い国で、各地方により、それぞれ習慣があるんですね。

それで、グラナダのレストラン、BARの特徴といえば、
まず、中に入って飲み物を注文しますね。
すると、タパ、日本で言う、小皿料理がついてくるんです。
これは、おまけ、つまり、ただなのです。

ビールにしろ、他の飲み物にしろ、セビリアとか他の都市に比べ
数十円高いだけなのに、なぜか、立派な食べ物が、ただでついてくるんです。


外人はびっくりすると思います。
ありえないだろうー!と。


それが、レストランによると思うのですけど、
私たちが、今回入ったBARやレストラン、ことごとく、すごく豪勢なものが
それも沢山の量の食べ物が出てきたんです。
以前の記憶で、こんなに豪勢だった記憶がないほど。


魚のフライやら、ソーセージの煮込みやら、チーズとハムの揚げ春巻き、
豚肉の煮込み、コロッケ。。。。。



びっくり!!


本当のご飯を注文する必要がないほどの量で、
食べると飲みますね。
すると、手元の飲み物が飲み終わりますから、
もう一杯ください、と注文する。

すると、また、次のタパが出てくるんです。


終わりがない!!爆


それで、おなかがいっぱいになり、料理を頼むことなく終わる夕食・・・・

謎の街、グラナダ。



綺麗だったので、試しに撮ってみたセントロです。

a0214711_7374234.jpg

[PR]
by miematsumura | 2015-09-24 07:49 | スペインの暮らし

アラハンブラ宮殿

こないだ、我が庭(?)グラナダに行ってきました。

グラナダは、好きです。
大きすぎないこのサイズが、どこにもすぐいけて便利で、
必要なものもなんでもあるし、レストランもセビリアより種類が豊富です。



グラナダはアラハンブラ宮殿の、ファリャがフラメンコの歴史上初めて
フラメンコ・コンクールを行った広場の写真です。


広場からの眺め
目の前の丘には、少年院みたいなのがあるそう。
あんな山の上に隔離されたら、寂しいだなあ・・・・

a0214711_8152571.jpg


右向くと、お城です。


a0214711_8154959.jpg



広場側の眺め。
売店がどーんと真ン中にあります。


a0214711_818736.jpg


宮殿のある丘を歩いて降りていくと、街に入ります。
その入ったすぐのところの写真。

a0214711_819293.jpg

[PR]
by miematsumura | 2015-09-21 08:25 | スペインの暮らし

音楽現代 10月号発売

遅くなりました。
あっという間に時間がたつので、自分でも驚きました。
先月から何も書いていないではないか!笑



a0214711_9252619.jpg


音楽現代10月号発売です。

スペインという名の迷宮より
         「光と影」



今月のタイトルは渋い!
   (自画自賛で失礼いたします)




スペインで、この物理的な「光」を実感したのは、雨戸です。


日本の雨戸は、左右ですが、スペインは上下におろします。
日本だと、雨戸を半分だけ開ける、ということはせず、
あけるなら100%あける。
閉めるなら、100%閉めます。


が、スペインでは、100%開ける、と言うことをまずしません。
せいぜいあけても60%ぐらいでしょうか。
それでも、ものすごく明るい。

そして、これを太陽の位置の光の入り具合によって
20%ぐらいにしたりと、1日の中で調節します。
お昼寝でもしようものなら、私は全く下ろしてしまいます。


目も開けられないほどに明るかったのに、
さっと雨戸をおろしただけで、真っ暗闇になる、
言ってみれば当然だ、と横から突っ込まれそうな話ですが
この光と影の差に、しみじみをそれを感じた雨戸。



ちなみに、雨戸とトゥリナは、何の関係もありませんのであしからず。
[PR]
by miematsumura | 2015-09-20 09:35 | スペイン音楽